2日、新浪網は記事「スタジアムで喫煙、韓国メディアは中国人サポーターに注目」を掲載した。試合結果以上に注目を集めたのが、中国から押し寄せたサポーターの大群。スタジアムでタバコを吸うなど残念な一幕もあったという。

写真拡大

2016年9月2日、新浪網は記事「スタジアムで喫煙、韓国メディアは中国人サポーターに注目」を掲載した。

【その他の写真】

1日、ソウル市でW杯アジア最終予選の韓国対中国の一戦が行われた。欧州リーグで活躍するスター選手を中心にスタメンを組んだ韓国は3点を連取したが、その後中国も追い上げた。結果は3対2で韓国の勝利となっている。

韓国メディアは、「試合結果以上に注目を集めたのが中国人サポーターだ」と指摘。「なんと1万人以上が中国から応援にかけつけた。これまで例がない、膨大な数だと話題になった」としたほか、「サッカー観戦経験が少ないのか、中国代表がボールを持てばとりあえず大声援という応援スタイルを繰り広げていたが、韓国代表が3点を連取するとサポーターも意気消沈。スタジアムにはやる気なくタバコを吸う中国人サポーターの姿が目立った」などと伝えているという。(翻訳・編集/増田聡太郎)