JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、ドライブレコーダー新商品として『DRV-325』『DRV-320』の2モデルを9月中旬より発売する。両モデルは同社従来機と比較して約20%の小型化を実現しながら、フルハイビジョンの高画質録画に対応。HDR機能を搭載するなど、コンパクト性と高性能を両立した、第二世代のスタンダードモデルとなる。価格は、いずれもオープン価格。

DRV-325 DRV-320

DRV-325(左)、DRV-320(右)

■『DRV-325』『DRV-320』共通の主な特徴
1.従来比約20%のコンパクト化を実現し、スタイリッシュな装着が可能
同社従来モデルと比較して容積比で約20%の小型化を実現。車内からの視界を妨げることなく、スタイリッシュな装着が可能。

2.フルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応し、走行時の映像を鮮明に記録が可能
高精細なフルハイビジョン(1920×1080)撮影が可能。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで鮮明に記録することが可能。

3.「HDR機能」を搭載し、逆光などの明暗差の大きなシーンでも高画質で安定した映像記録が可能

im3_1
露出を変えた複数の撮影画像を合成する「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」を採用することにより、逆光やトンネルの出入り口などの明暗差が激しい環境時におきやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑え、明瞭な映像を記録する。

4.さまざまなシーンに合わせた4つの録画モードを搭載
1)常時録画
エンジンのON/OFFに連動して、本機の電源を手動でON/OFFせずとも、自動で録画がスタート/ストップする。

2)手動録画
常時録画の最中でも、必要に応じて手動で録画ボタンを押せば、常時録画とは別のフォルダにデータの記録が可能。データの呼び出しや保存がしやすくなる。

3)イベント記録

im5_1
本機に搭載のGセンサーにより、突発的な衝撃や急激な速度変化などを検知し、自動的に録画を開始し、イベント録画のフォルダに記録する。

4)駐車録画
ドライブレコーダー本体にバッテリーを内蔵し、駐車中の衝撃や動体を感知すると自動で録画・保存を開始。短時間の駐車録画に対応する。また、別売の車載電源ケーブル(「CA-DR150」)を使用することで、長時間の駐車録画にも対応する。

5.衝撃を検知する「Gセンサー」を搭載
「イベント記録」や「駐車録画」の際の衝撃感知を可能とする「Gセンサー」を搭載。3軸センサーで前後、左右、上下からの突然の車体の動きを検出する。

6.高感度「GPS」の搭載により自車位置を記録し、PC用連携ソフトで走行記録の確認も可能
高感度な「GPS」の搭載により、速度、緯度、経度などの自車の運転情報を記録で。また、専用のPC用連携ビューワーソフト「KENWOOD ROUTE WATCHER供廖CD-ROM同梱)を使用することで走行記録の表示、確認も可能だ。

7.LED信号機の無点灯記録防止に対応

8.地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計

■「DRV-325」の主な特徴
大容量32GB microSDカードを付属し、長時間記録が可能。(「DRV-320」は8GB microSDカードを付属。)

 

製品情報

http://www.kenwood.com/jp/products/drive_recorder/drv_325_drv_320/

文/編集部