手元から秋へ!仕事中も気分が上がる「秋のトレンドネイル」3選

写真拡大

9月に入り、厳しい暑さだった今年の夏もようやく終わりに向っていますね。お買い物へ出かけると、店頭には秋物の新作も見かけるようになりました。とはいえ、まだまだ長袖やニットを着られる気温ではないですよね。

夏に別れを告げ、気分も装いも秋にシフトしていくために今すぐ変えられるのは、ネイルです! レッドやブルーといった鮮やかなカラーの多い夏のネイルから一転、深めで柔らかい落ち着いた大人カラーが多い秋は、オフィスネイルでも派手過ぎず、働き女子もトレンドネイルを楽しむことができます。

そこで今回は、各ブランドの新作ネイルをチェック済みの美容ライターの筆者が、今すぐ着替えたくなる“秋のトレンドネイル”をご紹介します。

■パール入りで艶めきを

過去記事「ネイルはムダ!? 男性の心を掴む“モテ子のおしゃれ”銀座ホステスのコツ」でもご紹介したように、ベージュやサーモンピンクなど、目立たず清潔感のあるカラーは男性ウケばっちり! 年配の方や上司からも好印象を得られるので、働き女子に最も適したカラーでしょう。

そんな定番カラーも、今年の秋はパール入りを選んで艶めきをプラスしてみてください。どこか70年代風のクラシックな雰囲気で、品を保ちつつも華やかな手元を演出してくれます。

■秋空を彷彿とする深みのあるカラー

『ディオール』や『イヴ・サン・ローラン』といった人気ブランドからは、秋空がテーマのこっくりと深みのある、赤色が多く登場しています。

一言に赤と言ってもブラッドレッド、ボルドー、フューシャなどの段階があり、夕方から真夜中の空をイメージとした、どこか妖艶な雰囲気です。

ファッションもビューティも、生命力を表す赤色は今秋のテーマカラーとなりそう。数ある赤の中から、直観とセンスでお気に入りの一色を見つけてみましょう。

■アニマル柄にトライ

ファッションでは、アニマル柄がトレンドになる予想。とくに、レオパード柄といった少し挑戦的で強い印象を持つ柄が主流になりそうです。

柄物の洋服はオフィス向きではないので、働き女子はネイルに取り入れてみては?

例えば基本はベージュやブラウン系カラーの単色塗りで、1本の爪だけレオパード柄のデザインを施すなど。ポイント使いであれば、さり気ないオシャレを楽しめそうです。

以上、今すぐ着替えたくなる“秋のトレンドネイル”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

マンネリになりがちなネイルですが、季節やイベント毎に合わせて着せ替えれば、気分も一新され女子力も一気に上がるはず! 業務中もネイルが目に入るたび、なんだかやる気がみなぎりそう。

新しいカラーや質感のネイルポリッシュも多く出ているので、今まで試したことのないネイルをぜひ試してみては?