映画「シン・ゴジラ」が大ヒット中だ。人知を超えた「完全生物」ゴジラに、人間の叡智の限り立ち向かう、政治家や官僚、自衛隊をはじめとする人たち。熱い。とにかくアツい。

そんな本作のエンドロールに「取材協力」として、意外な名前がクレジットされている。

枝野幸男さん。

元官房長官、枝野幸男・民進党幹事長に聞く

言わずと知れた、東日本大震災当時の官房長官だ。

観た人ならわかると思うが、「シン・ゴジラ」には3.11を思わせる場面が多くある。3.11に、政府の中枢で立ち向かった当事者である枝野さんは、あの映画をどう観たのだろう?

とにかく、聞いてみたい。

お気に入りのキャラは尾頭ヒロミ、泉政調副会長

なにしろ今も、民進党幹事長としてお忙しい人だ。「シン・ゴジラ観ました?」なんて聞いていいものか迷ったが、恐る恐る取材依頼を送る。するとおよそ2週間後、

「観ましたので、取材お受けします」

とのご連絡が。

さっそくT編集長は2016年8月31日、議員会館を訪れた(以下、軽いネタバレを含みます)。

――本日はお忙しい中、ありがとうございます(民進党代表選スタートの2日前であった)。

枝野 はい、はい。

――さっそくですが、映画を観てのご感想をお聞きしたいのですが。

枝野 純粋に、素直に面白かったです。ゴジラ自体は「虚構」なんだけれども、(ゴジラとの戦いの舞台となる)東京駅にしろ何にしろ、東京の街がニュース映像でもおかしくないくらいにリアルに描かれていて、感情移入しやすい。エンターテイメントとしての良さがあったと思います。

――確かに、観た人からも「私の会社も壊された!」なんて興奮する人が続出してますね。

枝野 官邸などの描写も、厳密に正確というわけではないにしろ、雰囲気など非常に研究されていて、知ってる人間からしても違和感がなかったです。総理執務室や危機管理センターなども、内部の配置などについて(取材協力の際に)そこまで説明したわけでもないんですが......いろんなところでよく取材しているなと。官僚たちが大きな会議室にファックスやコピーを持ってきて、机並べて仕事するって場面があったでしょ?(巨大不明生物特設災害対策本部創設の場面) ああいうことは実際に3.11でもありましたからね。生活支援とかのために各省庁から官僚が集まってチームを作ったんです。内閣府本府の講堂だったそうですが。

――公務員の方からも、「こういう場面、ある!」という反応が多いそうです。印象に残った登場人物はいますか。

枝野 市川実日子さんでしたか、彼女が演じていた......。

――尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課課長補佐。ゴジラの調査研究に尽力する女性官僚)ですか。

枝野 ああいう女性キャリア、いますよね(笑)、優秀な。映画だからいろいろ誇張されているにせよ、日本の官僚のいい部分を映像化してるなと感じました。後は、こういう立場なので、保守第一党政調副会長の泉修一。なかなか面白い味付けでしたね。

――そういえば、枝野先生がファンのAKB48の元メンバー、前田敦子さんも一般市民役として、一瞬ですが出演しています。どこに出ていたか気づかれましたか?

枝野 「あれ、これかな?」と思ったんだけど、確認する間もなくて(笑)。後でパンフレットを見て、「あ、たぶんあれだったんだな」って。

川上量生さんを通じて取材依頼が

――そもそも、今回取材に協力することになったのはどういういきさつだったのでしょうか。

枝野 ドワンゴの川上量生さん(「企画協力」としてクレジット)を昔からよく知ってるんですが、2年ほど前にそのルートで、「ゴジラの新作をやるに当たって、3.11のときの経験や、危機管理に関することなどを教えてほしい」と依頼を受け、監督の方が来られて、1時間ほどお話ししました。

――なるほど。ところで小池百合子・東京都知事も取材協力に名を連ねていますが、映画に登場する女性防衛大臣は、かなり小池さんを思わせるキャラクターでしたね。

枝野 ははははは。だったら私は(作中の官房長官役を演じた)柄本明さんなのかな?(笑)

――うーん、ちょっと違う感じもしましたよね......。

【後編では、3.11の経験、そして政治家の「決断」の意味について聞きます】