ロッテの伊東勤監督が激怒の猛抗議 故意落球の判定「初めて聞いた」

ざっくり言うと

  • 2日のロッテ対西武戦は、延長12回規定により1−1の引き分けとなった
  • 延長12回の守備で、メヒアの遊直を弾いた鈴木に塁審が「故意落球」と判定
  • 伊東勤監督は激怒し「故意落球なんて初めて聞いた!!」と猛抗議していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング