こんな客は嫌われる!アパレル店員が選ぶ、イヤな客ワースト4

写真拡大

 某アパレルショップ店員のkusumaです。

 今日はアパレル店員だから言える、「こんなお客は嫌われる」という特徴ワースト4を紹介していきます。

◆第4位 ずっとイヤホンをしっぱなし

 店内に入ってきても、ずっとイヤホンで音楽を聴いているお客さん、けっこう多いんです。話しかけられることを拒否しているので、こちらも接客のしようがありません。お客様から話しかけられるのを待つことになってしまいます。

 話しかけられたくないからあえてそうしている場合はいいと思いますが、もしちゃんと接客してほしかったら、イヤホンは外すことをお勧めします。

◆第3位 声をかけられたのに無視

 店員に声をかけられるのがウザくて、話しかけられても無視した経験はありませんか? 店員は店内に入ってきたお客様全員に声をかけるのが基本なのですが、たまに無視されることがあります。ちょっと、悲しい気持ちになります……。

 例えば、近所の人に「おはようございます」と声をかけたのに無視をされては嫌な気持ちになりますよね? 無視をされたらもうこの人には挨拶したくないと思いますよね? それと同じです。

 どんなお客様にも気持ちよく接するのがプロなのですが、店員もやはり人間。苦手な方は、マナーとして軽く会釈くらい返してくれたらうれしいです。

◆第2位 試着した服を裏返しで返す

 これ、意外とあるんです……。「私はお客様よ!」という女王様気質な人に多いです。

 まず、試着はお店から服を貸りるということです。貸してもらっているのに裏返しで返すだなんて行儀が悪いなぁ、自分の部屋じゃないんだから……と思ってしまいます。返された側は気分がよくないですよね? 畳むまではいかなくても、せめて裏返しで返すのはやめましょう。

◆第1位 時間がないのに取り寄せを頼む

 なぜか、買い物に来て毎回「時間がない」と言って急かす人がいます。そんな人にかぎって、他店からの商品の取り寄せを頼むことが多いんです。取り寄せは在庫を調べるのに時間がかかります。そんな時に「早くして!」と言われれば、店員はお客様の気分を害さないように「お取り寄せ出来ませんでした……」「完売です……」といった“優しい嘘”をつきます。

「少しお時間がかかりますが……」というエクスキューズに対し、「全然いいですよ」と言われれば、たとえその商品が全店舗で最後の1つだったとしても、最後まで確認します。

 ほしい服を必ずゲットするには、あらかじめ時間に余裕を持って来店するのが得策ですよ。

 さて、このようなワースト4の特徴は、あいさつなど、人としての最低限のマナーが多いです。普段はできるのに買い物に行くとつい女王様のような態度になっていませんか? そもそも店員の対応が悪い場合もありますが、少しでも「私、そうかも!」と思った人は、今からでも遅くありません。思いやりのある接し方を心掛けましょう! それで得はしても、損はしませんから。

<TEXT/kusuma>
【kusuma】
某有名アパレルショップ店員。ブログkusumanot.hatenablog.comでは、女性の体形カバーを追求して良いものだけを紹介、日々のコーディネートなども発信している。
instagram:http://www.imgrum.net/user/kusuma1116/2300720417