ビジネスメールを送るうえで注意したいのが「二重敬語」。考えれば考えるほどこんがらがってしまい、何が正解なのかわからなくなってしまう、なんていう局面に陥ってしまったという方も多いのではないでしょうか。無料メルマガ『仕事美人のメール作法』では、うっかり間違えやすい敬語を取り上げるだけでなく、「誤った表現」→「正しい表現」のサンプルも記してくださっています。

うっかり敬語

ビジネスメールでうっかり間違いやすい敬語の使い方について取り上げます。

「ご覧になられたい方」

本書のパンフレットをご覧になられたい方は、

こちらからダウンロードの上、ご覧ください。

上記の一文は、ある書籍のパンフレットの入手方法についての一文です。最初の1行にある「ご覧になられたい方」に注目してみましょう。

「パンフレットを見る」の「見る」の尊敬語は「ご覧になる」。「見たい人」を尊敬語に変換する場合「ご覧になりたい方」とするのが適切です。しかし、上記の文例は「ご覧になられたい方」と、尊敬語の「ご覧になる」にさらに尊敬の「〜られる」が付け加えられています。このように尊敬語に尊敬語を余計にくっつけたうっかりミスをよく見かけます。

上記の文例は、次のように書き換えました。

本書のパンフレットをご覧になりたい方は、

こちらからダウンロードをお願いします。

2行目の「ご覧ください」は、前の文の「ご覧になる」と重なるので「お願いします」に書き換えました。

または

本書のパンフレットをご覧になりたい場合は、

こちらからダウンロードをしてください。

このように、1行目を「方」から「場合」に変えてもよいでしょう。

「拝見させていただき」

インターネットで貴社のホームページを拝見させていただき、

メールさせていただきました。

上記は、ある営業メールの一文です。2行にわたり「〜させていただき」が使われています。

1行目の「拝見させていただき」で伝えたいのはあなたの会社のホームページを見ましたということ。「見る」の謙譲語は「拝見する」なので、1行目は「ホームページを拝見し」とすればよいのですが、「拝見する」に、謙譲語「〜させていただく」が付け加えられています。

さらに2行目の文にも謙譲の「〜させていただく」が続いているので、うっとおしい敬語の一文になっています。無駄な敬語を整理し、書き直してみましょう。

インターネットで貴社のホームページを拝見し、

ご連絡いたしました。

2行目の「メールさせていただきました」から敬語をはずすと「メールした」となるので、言い回し自体を「連絡した」に書き換え、その謙譲語「ご連絡いたしました」としました。

「〜させていただく」を使っておけば敬語らしくなるから、と多用しがちですが、読み返し、整理して効果的に敬語を使いたいですね。

image by: Shutterstock

 

『仕事美人のメール作法』

著者/神垣あゆみ

広島を拠点に活動するフリーランスのライター。若手ビジネスマン向けにメールマナーの基本を解説した『メールは1分で返しなさい!』(フォレスト出版)など著作多数。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!