科学の伝道師、ビル・ナイがNetflixで帰ってくる!

写真拡大

米国で有名な科学教育者でテレビ司会者のビル・ナイが、2017年、Netflixのトーク番組で約20年ぶりに司会を務めることが発表された。世の中の非科学的な思い込みを、科学的に検証していく。

「科学の伝道師、ビル・ナイがNetflixで帰ってくる!」の写真・リンク付きの記事はこちら

喜べ、ビル・ナイがテレビの世界に戻ってくる。そう、あの蝶ネクタイをつけた先生が、Netflixで「Bill Nye Saves the World」(ビル・ナイが世界を救う)というタイトルのトーク番組を開始するのだ。番組は2017年春からスタート。ナイが番組に登場するのは、科学教育番組「Bill Nye the Science Guy」の司会を務めていた1998年以来初めてとなる。

「ビル・ナイが世界が救う」は、各エピソードごとに、ワクチン接種、遺伝子組み換え食品、そして気候変動などについて特集すると、ナイは『Indiewire』に語っている。

またNetflixによる説明によると、各エピソードは「科学的な視点からテーマを扱い、社会的な思い込みを払拭したり、政治家や宗教におけるリーダー、あるいは業界の著名人などが主張する非科学的発言に反論する」という。

Netflixはすでに、チェルシー・ハンドラーが司会を務める「チェルシー」のようなトーク番組の領域に足を踏み入れている。そして90年代を代表する「フルハウス」のような作品の続編も手がけている。Netflixは思いやりと科学的な知識の溢れる解説を何十年にもわたって行ってきた司会者とともに、この2つのジャンルを組み合わせた番組をつくろうとしているのだ。

そしてNetflixほどの予算があれば、視聴者がビル・ナイのかっこいい蝶ネクタイをたくさん目にすることになるのは間違いないだろう。

In 2017, we're doing a talk show with @BillNye. It's an experiment. pic.twitter.com/gE4bOIhV6a

- Netflix US (@netflix) August 31, 2016

RELATED