マルチに使える2in1PC、コスパも高い

写真拡大

パソコン(PC)およびスマートフォンなどを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、ノートPC「TransBook(トランスブック) T101HA」を2016年9月3日に発売する。

10.1型(1280×800ドット)ディスプレイ搭載。キーボードが脱着可能な2in1タイプで、ノート、タブレット、その中間とマルチに活用できる。リバーシブル仕様のヒンジを備え、画面の角度を自由に調節可能だ。薄さ9ミリ、重さ約580グラムの薄型軽量を実現、スマートに持ち運びできる。

ストレスなく快適な操作のインテル「Atom x5」プロセッサー、タブレットモードで約13.6時間使用できるバッテリーを備える。タブレット側にmicroUSB、microSDメモリーカードリーダー、標準サイズのUSBポート、microHDMI端子を装備。

カラーはメタルグレー、ピンクゴールド(9月中旬以降発売)、ミントグリーン(同)の3色。

予想実売価格は4万2800円(税別)。

このほか、3色のカラーバリエーションから選べるスタンダードノートPC「VivoBook(ビボブック) X540LA」(予想実売価格は税別5万9800円)、3万円台ながら高いパフォーマンスを備えたノートPC「VivoBook E200HA」(同3万6800円)も同時発売する。