伝説の自販機雑誌「劇画アリス」

写真拡大

 新たな才能は“エロ”から生まれた。既存の価値観や流通システムさえ“エロ”が揺るがした。なぜ、その無秩序な表現は、三流劇画雑誌から生まれたのか。1977年に創刊された伝説の自販機雑誌「劇画アリス」初代編集長・亀和田武氏が懐古する。

 * * *
 かつて“エロ劇画誌”の黄金時代があった。どの頁を開いても、女の裸と性行為を描いたものばかり。そんな雑誌が月に百誌、いや本誌と増刊もあわせれば、優に二百誌は書店や私鉄の売店、そして自動販売機で売れに売れていた。

 ピークは1970年代の後半だ。最初の予兆は「漫画エロトピア」(KKベストセラーズ)が、エアブラシを使い垢抜けたヌードを表紙に配し、さらに豊満な人妻を描かせたら右に出るものなしの新鋭、榊まさるをメインに起用し、部数が急上昇した1975年か。

 榊まさる、エロかったなあ。胸と尻、くびれのラインを強調し、着衣のままでも充分にヤラシい。宇能鴻一郎のコミック版というべき明朗な作風だが、絵の巧さで青少年から中年まで、広い層の劣情を刺激した。

 直後に石井隆が鮮烈な登場を飾ったとき、あの『がきデカ』の作者である山上たつひこは「うーむ、石井隆はすごい。榊まさるもすごいが、石井隆はもっとすごい」と作中で呟いた。

 それまでの青年コミック誌は、一流が「ビッグコミック」「漫画アクション」「ヤングコミック」。二流は「プレイコミック」「漫画サンデー」などで、残りが三流以下というヒエラルキーが固定していた。

 三流、四流になるほど、裸のシーンは多くなる。しかしマンガ家は下手だし、編集者もやる気がないから、裸を描いてもエロくない。お色気コミック、ピンク漫画という呼称がぴったりの、時代遅れの野暮ったい作品ばかり。

 こんなとき「漫画エロトピア」の部数急増は、業界の目を惹いた。さらにこの時期まで、吉行淳之介ふうにいえば俗悪不良誌の最大収入源だった“実話雑誌”の売り上げが急落した。

 実話とは名ばかりで、エロな与太記事と、オバさんがセーラー服を着た写真を載せた実話誌は、同時代の風俗から20年遅れていた。

 三流から五流まで、エロ本業界は、それまでのメインだった実話誌を廃刊し、雪崩をうったようにエロ劇画誌の創刊に走った。四谷しんみち通り裏手にある零細出版社の社員だった私も「漫画大快楽」というエロ劇画誌を創刊した。誌名からしてフザケてるでしょ。

 自販機専門のアリス出版を、社長と18歳の事務員、そして私の3人でスタートさせたのが1976年だ。アリス出版の自販機ポルノは売れに売れた。モデルもロケ場所もストーリイもすべて自前で考えたから、売れるのも当たり前だって、ゴーマンですかね。そして書店ではなく、路地の闇に光る自販機でしか買えないから、大人も子どもも妄想を刺激され、何枚ものコインをにぎりしめ、夜の通りを徘徊した。

「劇画アリス」が世間の評判も呼び始めたとき、マンガの神様、手塚治虫さんに「カメワダくん、どこにいったら『劇画アリス』は買えるの?」と訊かれた。とにかく性を描きたい劇画家を登用する。「大快楽」で採用した方針は「劇画アリス」ではさらに徹底された。

 ある日、大人しい青年が生まれて初めて描いたという8ページの劇画を持って編集部に現れた。石井隆をずっと下手にした作品だが、暴力的でザラッとした感触が印象に残った。12ページの作品を発注したら、拙い描線だがドンピシャリの劇画ができた。青年は田口智朗といった。獨協大に在学中の田口くんは、毎月原稿を頼むうち、学校も辞めた。

 それまでは身すぎ世すぎで作られていたエロが、あたかも志願兵によって量産されたかに思えたあの時期。三流劇画と自販機ポルノは、若者文化の最尖端に躍りでた。

【榊まさる】1970年代半ばから、漫画エロトピアを中心に作品を発表。エロ劇画ブームの火付け役となった。官能表現の巧さに定評がある。

【石井 隆】劇画漫画界で活躍後、自らの作品を原作とした『天使のはらわた 赤い眩暈』で映画監督デビュー。以後、映画界に転身。最新作に『GONIN サーガ』(2015)。

【田口智朗】後に、田口トモロヲとして役者デビュー。名バイプレーヤーとして数多の作品に出演。NHKの看板番組だった 『プロジェクトX』の語りでも有名。

※SAPIO2016年9月号