マサイ族がスマホで撮影した9.1金環日食レポート【マサイ通信】第33回

写真拡大

スパ! ライオンに1勝したこともあるマサイ族の戦士でありつつ、副業としてロケットニュース24専属ライターもやってるルカだ。今回は緊急レポだから急ぎ目に行くぞ。つい先日、沢井メグが書いてた金環日食の記事はもう読んだよな?

2016年の9月1日、金環日食が世界のあちこちで見られるアルヨ的な内容だった。そこに「アフリカでも見られる」って書いてあった。オレが住んでいるのは、まさにアフリカはケニアのアンボセリ。つーことで、金環日食の撮影にトライしてみたぞ!!

・太陽は肉眼で見ちゃダメだぞ

日食とは「太陽-月-地球」が、ほぼ一直線に並び、月が太陽を隠してしまう現象……らしい。つまり、今回の金環日食を観察するには太陽を見る必要がある。いくら視力の良すぎなマサイ族だからって、肉眼で太陽を見るのは危険。よって……

オレはサングラスをかけて待機してた。ゴー(羽鳥)から「あと3分で金環日食だぞ!」だとか「あと2分!」「見られるか?」とかのメッセージが、Facebookのメッセージだけじゃなく、SMSでも届いたが……

空を見上げていたので完全に無視した。で、ずーっと空を見ていた。写真も撮った。ゴーはネット中継を見ていたのか「ダイヤモンドリングキター!」とか言っていたが、オレがこの目で見ていたのは……

雲だった。そう、その日、ケニアのアンボセリは曇っていたんだ。曇っていたけど、いちおうレポート写真は送っておいた。それを受け取ったゴーは喜んでいた。なぜか「パーフェクトだ!」と褒めてくれたんだ。雲の写真なのにな。んじゃな、オレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族)
意訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る