抱いている夢はありますか? アラサーにもなってくると、知人たちは2つに分類されます。夢をかなえている人と、そうでない人です。
夢を実現させている人には共通点があります。今日は、そんなお話。夢をかなえるためにはなにをしたらよいのでしょうか?

厳しい現実をきちんと受け止め現状の把握をしている

夢をかなえるためには、今の自身の立ち位置を冷静に認識する必要があります。たとえば、自分のお店をもちたいと夢見るアクセサリー作家がいたとして、「お店ほしいな」とつぶやくだけではかないっこないですよね。
出店のための資金ぐりをどうするのか、いつまでに、どこに、どれくらいの規模のお店を出すのか、売上の見込みはどれくらいで、利益はどれくらい出るのか。これらを具体的に試算したうえで、長期の戦略を立てねばならないでしょう。
夢見る夢子ちゃんでいるあいだは、夢なんて天地がひっくり返ってもかなうことはないのです。

誰よりも勉強し、努力している

筆者の知り合いにギタリストがいるのですが、その人はとてもストイックです。彼のライブにいくたびに、その命をけずって出すサウンドにしびれるものです。
そんな彼は、寝る時間もおしんで練習していますし、彼の指はギターの引きすぎでかたくなっているほどです。そして、まわりの誰よりも音楽を勉強しています。そんな彼がスポットライトの下にいるところを見るたびに、「夢をかなえる人間とはかくあるものだ」と思うのです。

優先順位が、第一で夢!

人は生きているとさまざまな事情をもっています。家族・仕事・生活環境・人間関係、いろんな事情があって日々の生活のサイクルをまわしています。
夢をかなえる人は、なにをするにも夢を最優先します。他に見向きなどしないですし、たとえ夢のせいで恋人と別れたとしてもケロッとしています。自分にとって今なにが大事かをわかっているからです。

なにより、夢に夢中!

夢をかなえる人はとにかく夢に夢中です。楽しそうに語り、毎日キラキラしています。その様子はまわりの人をつぎつぎに魅了していきます。そして、もっと人から注目されるようになり、もっと可能性が広がるのです。
どんな時代であっても、夢中になにかにとり組む人間は、人を惹きつけるものなのです。そしてそれは無限のプラスの連鎖を生み出すのです。

いかがでしたでしょうか? 
夢をかなえるためには覚悟がいります。どんな夢であっても、なんとなくかなうものなんて存在しません。必ずそれ相応の対価が必要で、時間とお金、そして努力が必要になるのです。
夢をかなえなかったからと言って、その人生を否定する必要は皆無ですが、夢は描いてかなえてはじめて生きるものです。あなたが抱いている夢があるならば、それにまっすぐに生きていただきたいと心から思います。