二の腕引き締める←トイレ行くたび壁で腕立て

写真拡大

靴やバッグ、メイクの合わせ方次第で、いろんな気分にさせてくれる黒ワンピース

肌が目立つ黒のワンピースは、引き締まった肩まわりやデコルテだとより美しく見えます。

肩まわり、大胸筋を鍛えるには腕立て伏せが近道。なかでも壁を使った方法なら、家でもオフィスでもできます。

壁腕立てをやり始めたんだけど、これがなかなか楽しい。会社にいる時はトイレ行ったらやるルールにしてる。片手で何回も出来るようになりたい〜。筋力ないBBAなので初回むっちゃプルプルしてた。

-- めがね (@nndmkkz) 2016年7月23日

一ヶ月くらい前から壁に手をついて腕立てをやるようにしたのね...そしたら心なしか二の腕に筋肉ついてきたのね...一日一セット、自分が程よい疲労感を感じる程度の回数でも効果あるみたい...毎日継続すごい...

-- みかなぎ なしめ(南インド産) (@pechebavarois02) 2016年8月25日

会社でトイレ行くたびに壁腕立て20回してるんだけど二の腕引き締まってきたかも 筋トレの場所を固定するのはよい トイレ行かないことないからサボらないし 笑

-- あず (@diet_azu29) 2016年7月20日

壁ドン腕立て伏せのやりかた

1.壁から50センチほど離れて立つ

2.手をまっすぐ伸ばしたまま体を前に倒し、胸の前くらいの位置で手を壁につける

このとき、背筋や腰、ヒザはまっすぐにのばす

3.腕をまげて壁にギリギリつかないくらいの近さまで顔を近づけ、ゆっくり腕立てをする

1回につき20回、1日2〜3回くらいが目安。ポイントはゆっくり行うこと。じんわりと腕に負担がかかるので、マッチョになりすぎず、ほどよく美しい筋肉がつきます。

トイレの個室でもできるので、オフィスの休憩中にこっそり鍛えるのも楽しいです。

イラスト/ニシクボサユリ