手ぶら万歳。私はミニバッグで自由を手にいれる

写真拡大

めまぐるしい平日を乗り切ったあとの週末は、ひとりの時間をゆっくり味わいたい。

好きな音楽を聴きながら、近所や公園を散歩していると、どこまででも歩いていけそうな気になります。

そんなとき、手には何も持ちたくありません。両手が自由だと、動きもスムーズになるし、なんだか気持ちにも開放感が出るからです。

だから重宝するのが、斜めがけできるミニバッグ。中身は、スマホと家のカギと小さい財布だけで十分。肩がけのようにずり落ちることもありません。

デニムと合わせたいロイヤルブルーのウォレットバッグ

Khaju / 5,940円(税込)

デニムとの相性抜群なロイヤルブルーのウォレットバッグ。シャープな長方形の、ベーシックなデザインです。

ブルーのグラデーションコーデにプラスして、同系色でまとめるのも良し。モノトーンコーデやワントーンコーデのアクセントとしても活躍します。

>>このバッグが欲しい

やさしげなキナリ色は、秋の街並みになじませる

20160902_bag02.jpg

Ray Cassin / 4,212円(税込)

タッセルがワンポイントになっているショルダーバッグ。

秋の街並みに自然となじむ、やさしいキナリ色です。コンパクトなのに容量があるので、持ち物が多い人にも安心。

>>このバッグが欲しい

どんなファッションにも溶け込む無駄のないデザイン

20160902_bag03.jpg

apart by lowrys / 6,372円(税込)

『apart by lowrys(アパートバイローリーズ)』のバケットショルダーバッグは、ミニマルですっきりとしたフォルム。

無駄のないシンプルなデザインで、カジュアルなファッションにはもちろん、きれいめなファッションにも違和感なく溶け込みます。

>>このバッグが欲しい

ころんとしたフォルムの愛らしいミニバッグ

20160902_bag04.jpg

FURLA / 45,360円(税込)

ころんとしたフォルムが愛らしい『FURLA』の「メトロポリス ミニクロスボディバッグ」。

マチの広い作りで、収納力たっぷりです。深みのあるブラウンは、これからダークトーンが増えてくる秋冬服に良く合います。

>>このバッグが欲しい

両手に自由をくれる斜めがけミニバッグたち。手ぶらがこんなに気持ちいいものだったなんて! と気づかせてくれました。

あわせて読みたい

・秋になじむベージュ。街にも肌にもなじませる

・サーモンピンクの長袖シャツが、私を秋へスライドさせる

・ブルーの際(きわ)コーデで、夏から秋へ半歩踏み出す

文/グリッティ編集部