土日はずっとこの服。気持ちよすぎて脱ぎたくない #だら活

写真拡大

週末、思う存分だらだらするなら、身につけたいのは心も身体もほぐしてくれるルームウェア。

そこで、見た目にも素材にもこだわったルームウェアを見つけました。

柔らかなシルクの肌触りを全身で感じるルームウェア

© 2016, New York Media LLC.

柔らかいシルクに包まれたいなら、『The Glad Hours(ザ・グラッドアワーズ)』のルームウェア。

「自由奔放な生活」がコンセプトの、アメリカ・ロサンゼルス発リラックスウェアブランド。1930年代のラグジュアリーなルームウェアをイメージして作られたシルク素材ウェアが豊富にそろってます。

ずるずると引きずるくらいオーバーサイズなThe Glad Hoursのルームウェアは、一度着たらもう脱ぎたくなくなるほど楽な着心地。

シルクが肌に触れるたびに、そのなめらかな心地よさを感じることができます。

普段着にも使えるスタイリッシュなデザイン

20160902_roomwear02.jpg

© 2016, New York Media LLC.

クラシカルなものからポップなものまで、その日の気分によって着たいルームウェアが見つかるのが『Sleepy Jones(スリーピー・ジョーンズ)』。

単にルームウェアとしてだけではなく、普段着としても取りいれられそうなほど、スタイリッシュなデザインばかり。

だら活中にちょっと近所のコンビニへ出かけるときでも、わざわざ着替える必要はありません。

日本ではまだお店はありませんが、ZOZOTOWNなどの通販サイトで取り扱いがあるようです。

丁寧に作られた手間に、特別感を感じるルームウェア

20160902_roomwear03.jpg

© 2016, New York Media LLC.

だらだらしながらも、エレガントな気分にさせてくれるのがオーストラリア発の『Suku Home (スク・ホーム)』。一枚でゆったりと着られるガウンのデザインがそろっています。

とにかく品質にこだわっていて、素材にはオーガニックの竹を用いていたり、染色も植物の天然染料を使って手作業で行ったりと、ひとつひとつ時間をかけてていねいに作られているそう。

そのかけられた手間を知ると、だらだらしている時間にもなんだか特別感がでてきます。

思いっきりだらだらできる週末が待ちきれません。

[THE CUT, The Glad Hours, Suku Home]