「残便感」にも効く…!プロが教える、就寝前の“腸マッサージ”

写真拡大 (全3枚)

お通じはあってもお腹がなんだかすっきりしないってこと、ありませんか? 身体から排出される老廃物の8割ほどは便通からといわれ、出るべきものが腸に残っているということは、毒素が身体に溜まっているといえます。

ぽっこりお腹の原因になるだけでなく、腸は肌の鏡といえる器官で、腸の汚れは肌荒れにも直結。さらに便秘は美の大敵というだけでなく、腸は自律神経にも関係が深いため、健康にも影響を及ぼします。

そこで今回は、筆者がエステの施術で行う腸マッサージをご紹介。寝る前に試して、翌朝スッキリしてくださいね。

■翌朝スッキリ!寝る前の腸マッサージ

STEP1:まずは腸に沿って、ぐるぐるマッサージ

仰向けに寝て、軽く膝を曲げた状態がオススメです。オイルなどはつけず、服の上からでOKです。

まずはおへそを中心に、両手を重ねてお腹をぐるぐる円を描くように、時計回りにマッサージします。1周5秒を目安に、20回ほどまわしましょう。

STEP2:腸を刺激!腸もみマッサージ

便秘の原因には様々なものが考えられますが、慢性的に便秘の人は腸の動きが鈍くなっている可能性があります。そこでオススメなのが“腸もみマッサージ”です。

両手を重ね、四本指の腹でぐっとお腹を押し、圧を加えたまま円を描きます。おへその下を出発点に、少しずつ場所を変えて時計回りに進みます。

おへそより上はあまり力を加えず、下腹中心に揉んでみてください。上手くいけば、ボコッと腸が動くのを感じられますよ。

STEP3:腸骨リンパ流しで、あと一押し!

残便感がある人に特にオススメしたいのが、腸骨に沿って流し込むマッサージ。出そうで出ない……を助けてくれますよ。

左側の腸骨に沿って、手のひらの付け根部分で強めに何度か滑らせます。この部分は腸の出口に近い場所なので、トイレの中でもお試しください。

いかがでしたか? エステでもこのマッサージをすると、施術中にトイレに行く方がかなりいらっしゃいます。コツを掴めば、自分でマッサージをしてもスッキリさせることができますよ。ぜひお試しくださいね。

【筆者略歴】

坂本 雅代 ・・・ 国際中医薬膳師/中医薬膳師/リフレクソロジスト/骨気小顔管理士。これまでに男女延べ1万人以上を施術。現在はサロン経営、エステ講師、美容ライターとして活動中。

【画像】

※ Poznyakov / Shutterstock