スポーツの秋!なんで秋にスポーツなの?

写真拡大

いまの時期は、読書や食欲など、「○○の秋」というフレーズをよく耳にします。その中のひとつに、「スポーツの秋」がありますが、スポーツをするだけなら、季節を問わないのでは? というのが正直なところ。秋にスポーツをするのには、何か理由はあるのでしょうか?

体育の日がある

10月10日は、ご存知の通り「体育の日」ですよね。そもそものきっかけは、東京オリンピックだということ、知っていました? 1964年に開催された東京オリンピックでの、輝かしい成果と感動を記念し、制定されたのがこの「体育の日」です。「国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培う」という願いが込められています。

じっさいに、体育の日を基準に、運動会を開催する学校も少なくありません。ちなみに、日本の観測史上、晴れる確率がもっとも高い日は、10月10日だそうですよ。

食欲の秋だからこそ!

一般的に「秋」と呼ばれるのは、9〜11月。この時期は、「スポーツの秋」だけでなく、「食欲の秋」でもあります。秋に食欲が増すのは、様々な美味しい食べ物が旬を迎えることだけでなく、カラダの機能も関係しているといいます。

人間のカラダは、冬に備えてエネルギーを蓄えようとします。そのため、食欲が旺盛になり、体脂肪が増えやすくなるのだとか。

また、冬の寒さに負けて体温が下がらないように、エネルギーをたくさん放出することで、体温を保とうとします。このはたらきを基礎代謝というのですが、基礎代謝が高くなればなるほど、多くのエネルギーが必要に。とはいえ、代謝がいいと言っても、何もせずにただ食べていたら太ってしまうおそれもあるので要注意!

夏が終わり秋になるころが、1番基礎代謝が高まるそうで、運動することでさらに基礎代謝アップ。秋にスポーツを取り入れることで、冬太りが撃退できるかも?

ダイエット効果アップには、有酸素運動がオススメ!

秋にスポーツをして、より基礎代謝を高めておくこと。これが冬太りの予防にかかわってきます。基礎代謝を高めるために効果的なのは、ジョギングやウォーキングなどの“有酸素運動”。サッカーや野球などの激しい運動でなくても◎。キンモクセイの香りや紅葉を楽しみながら散歩する程度でも、「普段より多めにカラダを動かすこと」を心がけてみてください。

「芸術の秋」「読書の秋」「食欲の秋」…。スポーツ以外にも、「○○の秋」はたくさんあります。また、この時期にしか楽しめないこともあるはず。様々なことに挑戦して、今年の秋は、いつもよりちょっとアクティブな秋にしてみませんか?

(文・明日陽樹/考務店)