デリケートゾーンのムレ・臭いの原因と対策

写真拡大

ニオイや痒みを気にする方が多いデリケートゾーン。その原因のほとんどは『ムレ』にあるのをご存知ですか?そこで今回は、気になるデリケートゾーンのムレの原因と対策についてご紹介します。

■ デリケートゾーンの『ニオイ』や『痒み』の原因

デリケートゾーンの悩みでもっとも多いのが『ニオイ』と『痒み』です。これらの悩みは、主にデリケートゾーンの『ムレ』によって起こります。特に生理中ともなると経血の嫌なニオイはもちろん、長時間のナプキンの使用によりいつも以上にムレて痒みが出やすくなります。

◎肌の薄さも原因のひとつ

デリケートゾーンとは、その名の通り、肌が通常よりも粘膜に近く、刺激に弱い構造になっており、肌が大変薄い構造になっています。そのため、きちんとした対策をおこなわなければなりません。

■ デリケートゾーンのニオイ対策

経血やオリモノなどの直接的なもの以外でのデリケートゾーンのニオイの原因には、不衛生な環境によるものが考えられます。ニオイの原因によってそれぞれ対策をしていく必要があります。

◎ 入浴時にしっかりと洗う

まずはデリケートゾーンを清潔に保つことを心がけましょう。しっかり洗うといっても、石鹸やボディーソープをつけてゴシゴシこするのはNG!柔らかい泡を立てて、指の腹で優しくマッサージするように洗いましょう。デリケートゾーンは複雑な仕組みになっていますので、洗い残しやすすぎ残しのないように各器官を意識しながら丁寧に洗います。気になるからといって膣の中まで洗うと粘膜を傷つけてしまうので誤り。爪を立てないように気をつけて、汚れをしっかり落としましょう。

◎ 下着は清潔なものを

常に清潔な下着を身につけ、汗をかいた場合には取り替えるのも有効です。また、生理中の場合にはこまめにナプキンを替え、履くものの素材は通気性のいいものにするといいでしょう。普段パンツを履く方の場合、スカートにしてみることもひとつの手です。特に生理中の場合、「ニオイが気になってるのにスカートにしたら…」と思うかもしれませんが、スカートの方が通気性はよく、ナプキンもまめに替えるように意識することになります。その結果としてニオイもムレも抑えることができます。

■ デリケートゾーンの痒み対策

ニオイの原因と同じく、デリケートゾーンの痒みも不衛生な環境によるものが考えられますが、湿気やショーツの擦れにより炎症を起こしている場合もあります。この場合、市販されているデリケートゾーン用の痒み止めなども有効です。

◎ それでも痒みが引かない場合、性病の可能性も

痒みを伴う病気でもっともポピュラーなものに『性器カンジダ症』があります。カンジダの原因は、誰もが持っているカビ菌の一種です。この場合、誰かに移ったり移されたりが考えられるため、気になる場合にはすぐに専門の医師に相談しましょう。ニオイやムレは、身の回りの生活習慣や、ちょっとした気遣いで改善可能です。下着の素材を見直し、ズボンの締め付けやトイレでのケアを心がけるなど、すぐにできるところから対策を始めてみてくださいね。

(image by amanaimages)
(著&編集:LiRu編集部)