今回も世界のお馬鹿モータースポーツの紹介です。“世界の”っていってもアメリカが多いんですけどね。

あの国にはどうも「いかに馬鹿なレースをやるか」ということを日夜必死に考えているひとびとが一定数いるんじゃないかと思います。

1

今回紹介するモータースポーツはシンプルです。後ろ向きレース。英語でいうと「Backwards Drag Racing」だそうです。

ドラッグレースというだけあって、非常に短い距離です。場所はメイン州スカボローにあるビーチリッジ・モータースピードウェイ。1/3マイルのオーバルコースがあります。そのストレート部分をメインに使って、後ろ向きの短いレースをやるのですが、コーナーの途中からスタートして、コーナーにちょっと入ったところで終わるみたいですね。

なんたってコース全体が1/3マイルしかないので、ドラッグレースとはいっても1/4マイルの長さもありません。かなり短いです。

後ろ向きのレースなんて、ただ遅いだけじゃないの? と思ったかた、大まちがいです。後ろ向きで複数のクルマが全開走行をするとどうなるか……次のページの動画でご確認ください。

動画を見るにはこちら

いやいや、マジでめちゃくちゃ危ないじゃん。真っ直ぐ走れないだけならまだしも、その状態でレースをするとこんなことになるとは!

9分を超える長い動画なので、前半だけしか見ていないひともいるかと思いますが、トーナメントなので、ぜひ7分45秒くらいからの、準決勝以降を見てみてください。速いから!

そして速いということはなにが起こるか……。

いやー、後ろ向きにレースすると、それだけでこんなにエキサイティング(?)かつデンジャラスなモータースポーツになるんですね。

(まめ蔵)

後ろ向きでレースをしてみると……無傷では帰れない超危険競技だった!?【動画】(http://clicccar.com/2016/09/02/396534/)