「アンタイトル」初のコンセプトショップオープン ″美と健康″テーマにライフスタイル提案

写真拡大

 「アンタイトル(UNTITLED)」松屋銀座店が8月31日、"美と健康"がテーマのコンセプトショップ「アンタイトル サロン(UNTITLED salon)」としてリニューアルオープンした。店舗面積が約2倍の100平米に拡大した店内では月ごとのアロマが香り、ギフトや雑貨、ウエア、アクセサリーなど働く女性のニーズに合わせた商品をそろえる。 アンタイトル初のコンセプトショップオープンの画像を拡大

 店内左奥に設けられた「サロンスペース」では、ハンドマッサージの資格を取得したスタッフによるサービスが受けられるほか、「テネリータ(TENERITA)」のオーガニックコットンタオルや、米沢ジャカードを用いたオリジナルテーブルナプキンなど"ギフト"をテーマにした商品を展開。また「松屋銀座に来られる女性管理職の方のニーズに合うものも提供していきたい」(MD開発担当者)という考えから、イタリアの老舗テキスタイルブランド「ロロ・ピアーナ(Loro Piana)」の上質な素材を使用し本格的に仕立てたスーツを同ショップ限定で販売する。 ウエアは8割を「アンタイトル」、2割を今秋デビューの新ライン「アンタイトル エッセンシャルクルー(UNTITLED essential clue)」、そして一部セレクト商品で構成。「アンタイトル エッセンシャルクルー」は素材や仕様にこだわり、エフォートレス感のあるファッションを提案するワンランク上のラインで、1シーズン約50型を展開する。同ショップでは、様々なライフスタイルシーンに取り入れられるアイテムをフルラインナップでそろえる。 また、"美と健康"をテーマにした店頭イベントを不定期で実施。第一弾は、期間限定で販売しているヘアブラシの購入者を対象に、毛髪技能士を迎えて効果的な使用方法のレクチャーイベントを行う。ブランドページ