企業のロゴから「A、B、O」が消えている…世界的な献血キャンペーンが話題に

写真拡大

今、世界各国の企業のロゴから「A、B、O」が抜け始めている。

献血啓蒙のキャンペーン

この3つのアルファベットが示すもの、それは血液型だ。

これは献血や臓器提供などを呼びかけているNHS Blood and TransplantとPR会社のEngine Groupが始めた献血啓蒙のキャンペーン#MissingTypeの一環。

日本でも日赤が展開

これに賛同する企業がロゴからA、B、Oを消した画像を発信したり、実際に消したりしているのだ。

世界21か国が参加。日本でも8月15日から21日まで「もしも世の中からA・O・Bが消えたら」と題して日本赤十字が行った。

日本赤十字の公式サイトには賛同した企業などのロゴの画像が掲載されている(ただし、実際の店舗などのロゴでは消えていないそうだ)。

日本赤十字社

日本赤十字社 公式サイト

日本赤十字社 公式サイト

日本赤十字社 公式サイト

日本赤十字社 公式サイト

日本赤十字社 公式サイト

このキャンペーンは大成功を収めていて、世界各国で展開され始めて10日で、史上最高となる3万人ものドナーが登録したという。