Quark tokyo、タブ切り替えで動画配信も可能なバナー広告配信プラットフォームを発表

写真拡大 (全2枚)

従来のバナー広告では表現できる内容に制限があり、1つの広告枠に対し、1つのコンテンツしか表示できませんでした。しかし「Quark Rich-Media Ad」では、バナー内に複数タブを設置することで、同一の広告枠内に、仕組みの異なる複数のコンテンツを表示させることができます。

1つのバナーに組み込むことができるコンテンツは、テキスト、画像に加え、動画、地図、FacebookやTwitterといったSNSとの連携、e-commerceなど多岐に渡ります。こうした従来のバナー広告にはない、インタラクティブで豊かな表現によって、一度の露出機会でのユーザー体験の幅が大きく広がり、ブランドや商品の認知拡大、クリック率の向上など広告効果の最大化に寄与します。

Quark Rich-Media Adは、Googleが保有する広告枠を含む複数のアドネットワークおよびDSPと接続し、配信することが可能です。