日々仕事に追われていると、良質な温泉にゆっくり浸かりたい気分になる。そこで、旅館や民宿に泊まらなくても日帰りで旅行気分を満喫できる、雰囲気も泉質もいい温泉をセレクトした。温泉街をそぞろ歩きするもよし、外湯(共同浴場)巡りで温泉三昧するもよし。思い切って出かけてみよう。

◎泉質は様々。まさに牴浩瑤離妊僉璽鉢
【北海道】登別温泉
http://www.noboribetsu-spa.jp/

【北海道】登別温泉

●泉質:硫黄泉、食塩泉、鉄泉など大別すると9つの泉質がある。

●風情:蒸気が噴出、硫黄の匂い漂う地獄谷が北海道の自然を感じさせる。

●『第一滝本館』の広さ1500坪の風呂では、5種の湯巡りができる。

問い合わせ先:0120・940・489
住所:北海道登別市登別温泉町55
営業時間:9:00〜21:00(受け付けは〜18:00)
休日:無休
料金:2000円(16:00〜は1500円)。

◎宿ごとに異なる泉質と雰囲気に浸る
【秋田】乳頭温泉郷
http://www.nyuto-onsenkyo.com/

【秋田】乳頭温泉郷

●泉質:7つの宿が独自に源泉を持ち、泉質は10種以上。

●風情:十和田・八幡平国立公園内、乳頭山麓の秘湯。

●かつて秋田藩主の湯治場で茅葺き屋根の本陣が残る『鶴の湯温泉』には、効能や肌触りが異なる4つの湯がある。

問い合わせ先:0187・46・2139
住所:秋田県仙北市田沢湖先達沢国有林50
営業時間:10:00〜15:00
休日:無休※露天風呂は月曜休
料金:500円。

◎大正ロマンの面影を残す小さな温泉街
【山形】銀山温泉
http://www.ginzanonsen.jp/

【山形】銀山温泉

●泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。

●風情:川沿いに大正・昭和時代に建てられた木造多層の宿や店が並び、夜はガス灯がともる。

●共同浴場『しろがね湯』は、隈研吾がデザインを手がけた三角形のモダンな建物。

問い合わせ先:銀山温泉観光案内所 0237・28・3933
住所:山形県尾花沢市銀山温泉新畑429
営業時間:8:00〜17:00
休日:無休
料金:500円。

◎ライトアップされる夜の湯畑も格別
【群馬】草津温泉
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

【群馬】草津温泉

●泉質:酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉。日本有数の酸性度で殺菌作用も抜群。

●風情:湯煙漂う湯畑周辺の瓦を敷き詰めた歩道、石の柵など湯上がり散策に最適。

●湯畑の目の前にあり2種のかけ流し源泉を楽しめる『御座之湯』。

問い合わせ先:0279・88・9000
住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津421
営業時間:7:00〜21:00
休日:無休
料金:500円。

◎365段を上りながら温泉情緒を堪能する
【群馬】渋川伊香保温泉
http://www.ikaho-kankou.com/

【群馬】渋川伊香保温泉

●泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉。

●風情:浴衣で名物石段街をぶらぶらする、日本の温泉街のイメージそのもの。

●石段街上にある伊香保神社の奥、源泉の脇にある『伊香保露天風呂』。

問い合わせ先:0279・72・2488
住所:群馬県渋川市伊香保町伊香保581
営業時間:10:00〜18:00
休日:第1・3木曜
料金:450円。

◎徳川家康お気に入りの美肌の湯
【静岡】熱海温泉
http://www.atamispa.com/

【静岡】熱海温泉

●泉質:塩化物泉、硫酸塩泉、単純泉。

●風情:ナポリをイメージし、温泉街を再生。若者や外国人客も増加している。立ち寄り温泉の統一サインも作るなど積極的。

●熱海駅徒歩3分の『月の栖熱海聚楽ホテル』の湯は塩化物泉。さらりと柔らかな肌触り。

問い合わせ先:0120・395・182
住所:静岡県熱海市田原本町2-19
営業時間:13:00〜21:00
休日:無休
料金:2000円。

◎散策途中、外湯に気軽に入浴できる
【長野】別所温泉
http://www.bessho-spa.jp/

【長野】別所温泉

●泉質:単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)。

●風情:信州の鎌倉と称され、北向観音の麓や参道周辺に昔ながらの建物が残る。

●3か所ある源泉かけ流しの外湯のひとつ、真田幸村隠しの湯『石湯』。

問い合わせ先:別所温泉財産区 0268・38・5750
住所:長野県上田市別所温泉1641-1
営業時間:6:00〜22:00
休日:第2・4火曜
料金:150円。

◎外湯巡りで地元の人たちと触れ合いを
【長野】野沢温泉
http://nozawakanko.jp/

【長野】野沢温泉

●泉質:硫黄泉。

●風情:温泉街に江戸時代から湯仲間という制度により守られてきた、雰囲気の異なる13の外湯が点在する。

●同温泉のシンボル『大湯』。湯屋建築の見事さに目を奪われる。

問い合わせ先:野沢温泉観光協会 0269・85・3155
住所:長野県下高井郡野沢温泉村9328
営業時間:6:00〜23:00
休日:無休
料金:賽銭箱に気持ち程度。

◎食べ歩きや射的もある街歩きが楽しい
【長野】渋温泉
http://www.shibuonsen.net/

【長野】渋温泉

●泉質:源泉が多く、湯の色も泉質も様々。

●風情:大正〜昭和期に建てられ、増築と改築を繰り返した複雑な木造建築が多く残るレトロな街並み。

●9つある公衆浴場で、立ち寄り利用できるのが『大湯』。

問い合わせ先:渋温泉旅館組合 0269・33・2921
住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏2211-1
営業時間:10:00〜16:00
休日:不定休
料金:500円。

◎九谷焼や北大路魯山人ゆかりのスポットも
【石川】山代温泉
http://www.yamashiro-spa.or.jp/

【石川】山代温泉

●泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉。

●風情:総湯(共同浴場)を中心に、旅館や商店が並ぶ『湯の曲輪(がわ)』は、江戸時代から続く街並み。バスクリンのパッケージにも使われている。

●明治時代の総湯を復元した『古総湯』。

問い合わせ先:0761・76・0144
住所:石川県加賀市山代温泉18-128
営業時間:6:00〜22:00
休日:第4水曜午前中
料金:500円。

◎太閤秀吉も訪れたという日本屈指の名泉
【兵庫】有馬温泉
http://www.arima-onsen.com/

【兵庫】有馬温泉

●泉質:金泉は含鉄-ナトリウム-塩化物強塩高温泉、銀泉は炭酸泉とラジウム泉。

●風情:六甲山中にあり、細い道沿いに店やカフェが並ぶ。共同浴場『金の湯』『銀の湯』ほか、日帰り湯を楽しめる宿も多い。

●『有馬本温泉 金の湯』

問い合わせ先:078・904・0680
住所:兵庫県神戸市北区有馬町833
営業時間:8:00〜21:30
休日:第2・4火曜、1月1日
料金:650円。

◎7つの外湯巡りと冬場の蟹が味わい深い
【兵庫】城崎温泉
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/

【兵庫】城崎温泉

●泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・高温泉。

●風情:約1300年前より温泉が湧き、外湯巡り発祥の地とも言われる。川沿いの柳が風情を添える。個性的な7つの外湯を巡るのが楽しい。

●京都御所を模した『御所の湯』。

問い合わせ先:城崎温泉観光協会 0796・32・3663
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島465
営業時間:7:00〜23:00
休日:第1・3木曜
料金:800円。

◎朝湯好きが並ぶ湯に、のんびり浸かる
【愛媛】道後温泉
http://www.dogo.or.jp/pc/

【愛媛】道後温泉

●泉質:アルカリ性単純泉。

●風情:道後温泉駅前から続く温泉情緒漂う街並み。

●木造3階建ての『道後温泉本館』。朝6時には太鼓の音で開館を告げる。

問い合わせ先:089・921・5141
住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6
営業時間:6:00〜23:00(札止め22:30)※コースにより異なる。
休日:無休(12月に1日臨時休業あり)。
料金:400円〜。

◎旅館の立ち寄り湯が多く、利用しやすい
【大分】長湯温泉

【大分】長湯温泉

●泉質:ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉。日本一の強炭酸泉。

●風情:古きよき湯治場とモダンな建物が共存。

●3万坪の敷地に離れが点在する『宿房 翡翠之庄』。露天風呂の貸し切り利用もできる。

問い合わせ先:0974・75・2300
住所:大分県竹田市直入町大字長湯7443-1
営業時間:11:00〜16:00
休日:無休
料金:500円〜(貸し切り露天風呂は1500円〜)。

◎森林浴をしながらの湯浴みが気持ちいい
【熊本】黒川温泉
http://www.kurokawaonsen.or.jp/

【熊本】黒川温泉

●泉質:ナトリウム塩化物硫酸塩泉など7種。

●風情:自然に囲まれた静かな温泉街。「入湯手形」を購入すれば、1200円で旅館3軒の露天風呂が利用可。

●『山みず木』は温泉街から少し離れた渓谷沿いの宿。

問い合わせ先:0967・44・0336
住所:熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6392-2
営業時間:8:30〜21:00
休日:無休
料金:500円(貸し切り風呂は50分・2000円)。

※立ち寄り(日帰り)利用時の大人1名料金、時間。年末年始は営業時間が異なる場合があるので、問い合わせを。

指南役・石川泰弘

指南役・石川泰弘

バスクリン広報責任者。温泉入浴指導員の資格を持ち、「お風呂博士」として日本各地での講演、メディアへの露出も多い。著書に『バスクリン社員がそっと教える健康美人になる入浴術26』。

 

 

◎料金など各種データは取材時のものです。