1日、米検察当局はこのほど、中国軍関係者に協力し、違法に荷物を航空機で運んだとして、中国国際航空の元女性社員を起訴した。資料写真。

写真拡大

2016年9月1日、米検察当局はこのほど、中国軍関係者に協力し、違法に荷物を航空機で運んだとして、中国国際航空の元女性社員を起訴した。環球時報(電子版)が伝えた。

ロイターによると、女性は林英(リン・イン)被告(46)。8月31日に起訴された。林被告は昨年、米連邦捜査局(FBI)の調査の過程で、「米国に滞在していた中国人を国外に逃がそうとした」と指摘されている。中国人は北京から来た中国当局の情報機関関係者とみられ、スパイ行為にかかわった可能性も指摘されている。

林被告と男性は、元国連総会議長に賄賂を贈った容疑で米国で訴追されたマカオの不動産王、呉立勝(ウー・リーシェン)容疑者の捜査の過程で浮上した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「林被告の起訴は国連汚職問題の新たな転換点になる」と伝えている。

林被告は米ニューヨーク在住。違法金融取引で昨年8月に逮捕されたが、容疑を否認していた。ニューヨークに所有する不動産は、今回スパイと指摘された男性がかつて所有していたものだったという。(翻訳・編集/大宮)