ヴェネチア国際映画祭のレッドカーペットに仲良く登場したマイケル・ファスベンダー(左)とアリシア・ヴィキャンデル(右) (C) Kazuko Wakayama

写真拡大

マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデル。今もっともホットな2人が夫婦役で共演した話題作『THE LIGHT BETWEEN OCEANS(原題)』のワールドプレミア上映が、現在開催中の第73回ヴェネチア国際映画祭で現地時間9月1日19時より行われ、2人と本作のメガホンをとったデレク・シアンフランス監督が登場した。

マイケル・ファスベンダー、セックス依存症の主人公を演じた映画の共演者と交際中!?

『ブルー・バレンタイン』の監督でもあるシアンフランス監督最新作の本作は、孤島に流れ着いた生後間もない赤ん坊をわが子として育てる灯台守夫婦の愛の選択を描いた物語。原作はAmazonで4700以上もの五つ星を獲得した感動のベストセラーだ。

映画祭のレッドカーペットには監督をはじめ、劇中で夫婦役を演じたファスベンダーとヴィキャンデルが登場。本作の共演がきっかけで交際が噂される2人が姿を現すと、会場のボルテージは最高潮へ!

熱気冷めやらぬ中、上映が始まるとまもなく場内にはすすり泣く声が。そして、クライマックスでは号泣する観客も。上映後、涙の跡もそのままの観客たちから贈られたスタンディングオベーションにファスベンダーと監督は歓喜の笑顔、ヴィキャンデルは感動し大粒の涙をぬぐっていた。

日頃は辛口のプレス上映でも涙する記者が続出し、「クリネックスの株価が上がるほど観客は泣くに違いない!」(The Guardian)、「今年のこれまでの作品の中で最も美しく、感動を味わえる2時間」(Entertainment Weekly)など、本作がいかに心を鷲掴みにする感動作であるかがわかる、高評価を得ている。

また記者会見では、出演が決まったときのことを聞かれたファスベンダーが「この作品の話が決まったのはアリシアがブレイクする直前でした。その時点ですでに有名な女優をキャスティングすることもできたと思うのですが、監督から『アリシアに賭けてみたい』と打ち明けられました。彼女自身が生来持っているポジティブな天真爛漫さがイザベルにぴったりだと感じたのを覚えています。彼女がイザベルを演じてくれたことが、この作品を成功へ導いたのだと思います」とコメント。

同じ質問にヴィキャンデルは「元々、シアンフランス監督の作品のファンだったのですが、私がこの作品の話を聞いた時はすでにマイケルの出演が決まっていました。『作品に出たい』という想いと、『もしかしたら役をもらえないかも』という不安な気持ちが混在していましたが、失敗を恐れずにチャレンジして本当によかったです」と振り返った。

また、「母」役を演じてみたことに関してヴィキャンデルは「実生活では子どもはいませんが、『将来家庭をもち、子どもができたときに私はどう感じるのだろう』と考えて演じました。この作品に出会い、イザベルという役を演じて、学ぶことがたくさんありました」と話している。

『THE LIGHT BETWEEN OCEANS(原題)』は2017年春、全国公開となる。