佐野ひなこ、釈由美子もハマった「スンドゥブ」の痩身効果は?

写真拡大

 月9ドラマ「好きな人がいること」(フジテレビ系)にも出演し、話題を集めた佐野ひなこさん。彼女は料理の腕を活かし、手作り「スンドゥブ」にハマっていた時期があったそうです。

 ここで「スンドゥブって何?」と今更聞けない人にご説明。「スンドゥブ」とは韓国料理の一つで、鍋料理のこと。やわらかなおぼろ豆腐を辛いスープで煮込みます。生卵を割り入れたり、ご飯にかけて食べたりとさまざまな味わいが楽しめるのが魅力。

 基本はキムチや粉唐辛子、酒、みりん、ごま油、韓国調味料「ダシダ」などで味付けするようですが、やはり決め手になるのは、そのキムチや粉唐辛子の辛さ! 

 タレントの釈由美子さんも手作りのスンドゥブで代謝アップを狙ったこともあるそうです。汗だくで食べれば痩身への期待で、身も心も美味しくいただけそうですよね。

 ちなみに佐野さんはその後、「好きな人がいること」のドラマにも登場した、あのオムバーグづくりにちょっと心移りしたとか。ドラマの影響というのは出演者にも及ぶんですね。