49位タイと出遅れて五輪帰りの大山志保(撮影:秋田義和)

写真拡大

<ゴルフ5レディス 初日◇2日◇ゴルフ5カントリー美唄コース (6,364ヤード・パー72)>
 2日(金)に幕を開けた「ゴルフ5レディス」でリオ五輪後、初の国内ツアーに出場している大山志保。イ・ボミ(韓国)、原江里菜とのペアリングとなった初日は1オーバー・49位と出遅れる形となった。
【関連】大山志保のプレーを振り返る!LIVE写真館
 ブレーキの原因はパッティング。「迷宮入りしている」と得意のガッツポーズは鳴りを潜め、勢いを生み出すことができない。「今日は何を打ってもダメだった」と完全にお手上げ状態だ。
 ただ一方で「ショットは良くなりました。オリンピックの時よりもはるかに気持ちよく振りきれている」という手ごたえも。前半数試合を欠場することとなった首痛の不安を感じさせないスイングで「グリーンを外したのは3回くらい」。グリーン上での不安を抱えるだけに、ショットが救いとなっている。
 それだけにパッティングでの迷宮を抜けだすためのキッカケを掴めれば上位進出も十分可能。「明日はしっかり修正してバーディパットを決めたい」と五輪選手としての意地を見せるため気合を入れた。
【初日の順位】
1位:申ジエ(-7)
2位:穴井詩(-6)
3位:鈴木愛(-5)
4位T:イ・ボミ(-4)
4位T:武尾咲希(-4)

<ゴルフ情報ALBA.Net>