写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ドクターライダーは本当に史上初か
『仮面ライダーゴースト』に続いて、テレビ朝日、東映、ADK製作で10月2日より放送が始まる特撮ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』の記者発表会見が8月30日、都内で行われた。

『仮面ライダークウガ』(2000年)より始まった「平成仮面ライダー」シリーズの18作目、そして1971年に放送開始した第1作『仮面ライダー』から45年目となる『エグゼイド』では、従来のシリーズ以上に斬新な要素を加えたヒーローが登場する。主人公の仮面ライダーエグゼイドは「デジタルゲーム」の力を有するライダーで、社会にまん延する謎のゲームウイルス=バグスターに襲われる人々を救うため戦う設定。かつて『仮面ライダーBLACK』(1987年)の第31話「燃えよ!少年戦士」で仮面ライダーBLACKが電子世界に飛び込んで戦うなど、ライダーと怪人の「ゲームバトル」のような展開は過去にもいくつか見られたが、ライダーそのものの外見がデジタルゲームモチーフとなったのは、今回が初めての試みである。

そしてもう一つ、シリーズ初の設定として主人公ライダーが「医師(ドクター)」であることが挙げられる。過去にも『仮面ライダーアギト』(2001年)の木野薫/アナザーアギトが天才的な腕を持つ闇医者だったり、『仮面ライダーオーズ/OOO』(2010年)の伊達明/仮面ライダーバースが世界各国をめぐる医師だったりしたケースがあるが、本作では仮面ライダーエグゼイド、仮面ライダーブレイブ、仮面ライダースナイプ、それぞれがみな立場の異なる若きドクターとして登場。病院を舞台にして、ドクターたちがドラマのベースになるという、かつてない世界観が本作の大きな特徴といえる。

また「エグゼイド」という名前には、「人の命を「救う」ドクターたちが仮面ライダーとなって悪と戦う……「Extreme(エクストリーム)=究極」の「EX」と「Aid(エイド)=救助」を組み合わせた"究極の救助"という意味が込められている。

デジタルゲームをモチーフにしたライダーならではの特徴として、エグゼイドたちはずんぐりむっくりとしたコミカルキャラ風の「レベル1」から、ヒーロー然としたスマートな「レベル2」にチェンジして、バグスターに戦いを挑むという設定が与えられた。エグゼイドはアクションゲーム、ブレイブはRPG、スナイプはガンシューティングゲームというように、ジャンルの異なるゲームがそれぞれのモチーフになっているのも、実にユニークだ。

●新「ライダー」キャスト陣が意気込み語る
この日の会見には、主演の飯島寛騎をはじめ、瀬戸利樹、松本享恭、松田るか、岩永徹也、小野塚勇人、甲斐翔馬ら主要キャストが登壇。大勢集まった報道陣を前にやや緊張気味ながら、新番組にかける意気込みを力強く語った。

小児科の研修医である一方で天才ゲーマー「M」という顔を持つ宝生永夢(ほうじょう・えむ)/仮面ライダーエグゼイドを演じる飯島寛騎は、北海道出身の20歳。本作が初のドラマ出演にして主演作となる飯島は、役が決まったときの様子を尋ねられると「主役ということもあり、最初はプレッシャーを感じたけれど、同時に喜びも感じた。子どものころから憧れていたヒーローになれたことに感動しました」と熱く答えた。

自身が変身するエグゼイドの「レベル1」を初めて見たときの印象として「かわいいな、ゆるキャラみたいだなと思った」と話し、今までの仮面ライダーのイメージを大きく打ち破るエグゼイドに驚きながらも大いなる期待を寄せた。仮面ライダー俳優に必ず求められる「アクション」については「自信があります!」とキッパリ。「もともと運動部(バスケット、陸上)に所属していて体を動かすのが好き。転ぶシーンも全力で転んでいます」と笑顔を見せた。

アメリカの超一流病院で働いていた天才外科医で、研修医の永夢を見下しているが、目的を同じくするため共に戦うツンデレタイプの鏡飛彩(かがみ・ひいろ)/仮面ライダーブレイブを演じる瀬戸利樹は「男の子なら誰でも一度は憧れる仮面ライダーへの出演は光栄。身をひきしめて取り組んでみなさんにご迷惑をかけないように頑張りたい」と、出演の喜びを謙虚に話した。

飛彩のキャラクターについては「甘いものが好きという意外な一面を持つ飛彩ですが、僕自身は苦手なので……」と、スイーツを食べる場面に苦労している裏話を披露。しかし「スタッフさんが毎回いろいろなスイーツを用意してくださるので、今日はどんなのが来るのかなって、だんだん楽しみになってきました」と、苦手を克服しつつある現状も伝えた。

医師免許をはく奪されたいわくつきの元ドクターで、永夢や飛彩に対しても攻撃を仕掛ける花家大我(はなや・たいが)/仮面ライダースナイプを演じる松本享恭は、出演が決まったときのことを「ふだん感情があまり出ないと言われていたのですが、素でガッツポーズをして、一日中ニヤケが収まらなかった」と回想し、強い喜びを表した。永夢や飛彩よりも医師としての経験がある大我の役作りについては「2人を見下している人物ですので、貫録や余裕を意識して演じている」と、他のドクター「ライダー」と違う立ち位置という部分に重きを置いていることを明かした。

衛生省から電脳救命センター(CR)に派遣された職員・仮野明日那(かりの・あすな)を演じる松田るかは「役が決まったとき、うれしくてマネージャーさんと一緒に手をつないでスキップして銀座の街を歩いて、すごく浮いていたと思います!」と、オーディション合格時の喜びを表現。

明日那の正体は、仮面ライダーをナビゲートするゲームキャラ「ポッピーピポパポ」であり、キャリアウーマンタイプから軽いノリの女子へと性格が変貌する設定。二役を演じる上で「明日那のときは普通の声でしゃべっているんですけれど、ポッピーピポパポになるとアニメ声に変わります。声の変化をもっとはっきりさせるため、アニメをたくさん観て二次元に近づけるよう頑張ります!」と意欲を語った。

仮面ライダーに変身することのできるゲーマドライバーを開発した「幻夢コーポレーション」のCEOを務める壇黎斗(だん・くろと)役・岩永徹也は「この世で一番すごい仕事は"子どもたちに夢を与える"こと。自分がとうとうこのポジションに来たことを喜んでいます」と、子どもたちに憧れられる存在を目指すべく力を尽くすと宣言。黎斗を演じる上では「頭が切れて、いつも冷静で落ち着いて物事に対応する人物。優秀でエリートだけど、それを鼻にかけない大人の余裕がある。そんな若社長を目指しています。立場上、ライダーのみんなに指示を出すシーンがあるので、説得力をもって伝えられるように演技したい」と役にかける思いを述べた。

監察医務院に所属し、原因不明の死因を探る監察医・九条貴利矢(くじょう・きりや)を演じる小野塚勇人は、「保育園に通っていたころの夢が『仮面ライダー』でした。こうして『エグゼイド』に出ることができたのはすごくうれしいし、長く続いている仮面ライダーシリーズの重みと責任感を感じています」と、しみじみ語った。「みんな年齢が近く、高校時代に戻ったような空気がありますよ。撮影合間の昼休憩のとき、永夢と飛彩と3人でキャッチボールをやったりして(笑)」と、現場の雰囲気がとても良好で楽しいことを明かしていた。

人類滅亡を企むゲームウイルス「バグスター」の頭脳と呼ばれるパラドを演じる甲斐翔真は1997年生まれの18歳で、登壇者の中では最年少。「パラドの役どころは、まだ多くを語ることができないのですが、これから永夢くんたちを大きく揺るがす存在になると思いますので、これから注目してください」と謎めいた役どころを説明し「まさか自分が敵側を演じるとは思ってなかったですが、これからの展開が楽しみです」と、役に全力でぶつかる気構えを見せた。共演者の印象を聞かれると「最年少なので不安がありましたが、歳の差なんて関係なくみなさん仲良くしてくださいます。特に岩永さんとは11歳も離れているのに、一番仲良しです」と笑顔を見せた。

さらにスクリーンでは、鏡灰馬(かがみ・はいま)役の博多華丸(博多華丸・大吉)による映像メッセージも流された。華丸の演じる灰馬は飛彩の実の父親で、聖都大学付属病院の院長を務める外科医という設定。映像内で華丸は「超最重要人物です! お見逃しなく」と自身を大アピール。仮面ライダー出演については「やっとオファーが来たかと! 今回(オファーが)来なかったらこっちのほうからオーディションに出ようと思っていました」と言って会場を笑わせた後、「若いキャスト中心ですから、芸能界の先輩としていいところを見せようと思って頑張っているんですが、華家大我くんのことをつい『華屋興兵衛(江戸前の握り寿司を発明した人物)』と言ってしまって、暗記力のなさを痛感しています」と続け、若い出演者からパワーをもらっているよき現場だと語った。

最後に、本作の主題歌「EXCITE」を歌うシンガーの三浦大知がステージに駆けつけ、「今回は"ドクター×ゲーム"というキーワードがあり、僕自身はダンスミュージック、デジタル音楽の中でパフォーマンスをさせていただいていますので、仮面ライダーと一緒でしか作れない最高峰の曲が作れたらいいなと思いました」と『エグゼイド』にかける意欲を語った。仮面ライダーシリーズへの思いについては「甥っ子がすごく『仮面ライダーゴースト』が好きで、今回の『エグゼイド』の主題歌を歌うことを知らせたら、彼にとってのヒーローになれるかなと思います(笑)」と笑顔を見せつつ「仮面ライダーはクールでカッコいいというイメージがありましたが、今回は愛くるしさというか、みなさんからかわいがられるキャラクター性がありますね。そして、レベル2になったときにはカッコよさもある。すばらしいデザインだと思いました」と、エグゼイドの斬新なキャラクターを絶賛。出演者それぞれにも、熱きエールを送った。

本作でメインライターを務めるのは『相棒』シリーズや『エンジェル・ハート』(2015年)などのテレビドラマや『エイトレンジャー』(2014年)などの映画で活躍し、『仮面ライダードライブ シークレット・ミッション type TOKUJO』で仮面ライダーシリーズへの参加経験もある脚本家・高橋悠也氏。そして第1話の監督は、『仮面ライダーウィザード』(2012年)や『烈車戦隊トッキュウジャー』(2014年)など、仮面ライダー・スーパー戦隊両シリーズになくてはならない実力派・中澤祥次郎氏が務める。

新番組『仮面ライダーエグゼイド』は2016年10月2日スタート。毎週日曜日あさ8時〜8時30分放送。なお、『仮面ライダーエグゼイド』の変身ベルトなど関連アイテムの情報を発信する「仮面ライダーおもちゃウェブ」が9月1日からオープンしている。

(C)2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

(秋田英夫)