おや?アップル公式Twitterにわかに始動。5年かけてタマゴアイコンがリンゴに孵化。iPhone 7イベントでライブツイートか

写真拡大

 
アップルが、2011年の開設以来一度もツイートせず、タマゴのアイコンのまま放置していたTwitterアカウント @Apple をついに始動する模様です。まだ一度もツイートはないものの、アイコンはアップルのロゴマークに差し替えられ、ヘッダー画像も9月7日(日本時間9月8日午前2時)のスペシャルイベントの画像へと挿し替えられました。一言もツイートがないにもかかわらず、アップル公式Twitterアカウントのフォロワー数は6万7000を超えています。もし、ツイートが開始されるならば、その数がさらに増加することは間違いありません。(と、書いているうちにフォロワー数は7万9000を超えました)

アップル関連の大ネタを世に出し続けているBloombergのMark Gurman記者は、突然のアップル公式アカウントの動きについて「来週のスペシャルイベントでライブツイートをするためだ」と解説しています。アップルはかつて、ブログ方式でスペシャルイベントを伝えていたことがありますが、ツイッターでそれを実施するのは(アップルにとっては)新しい試みと言えそうです。
  
また、アップルは公式サイトのNewsroomページも新デザインのものに更新しています。大きく見やすくなった各記事の見出しには、すぐにそれをシェアできるようアイコンが設置されています。

新デザインの施行後、アップルはテストも兼ねてなのか、Siri関連の記事を立て続けに3つ投稿しています。各記事のレイアウトはすっきりと整理され、貼り付けられた画像はマウスホバーでシェアやダウンロードアイコンが現れるほか、まとめてダウンロードするリンクも記事の最後に用意されています。何より記事ごとに問合せ担当者の連絡先が明記されるようになったところなどは、いつものアップルらしからぬ親切さと言えるかもしれません。