資料写真

写真拡大

(台北 2日 中央社)10月10日の国慶節(中華民国の建国記念日)まであと1カ月余り。国慶準備委員会秘書長を務める花敬群・内政部次長は1日、今年の祝賀式典のテーマが「台湾はあなたがいてよかった」(台湾有[イ尓]真好)に決まったと発表した。支出削減のため、花火打ち上げは昨年に引き続き実施しないことも明らかにした。

花次長によればこれまでの式典には主に6つの直轄市が参加していたが、今年は規模を拡大し、台湾全土22の県・市を招待。総統府前広場の観覧席はこれまでの8000席から1万席に増やされる。

式典のコンセプトは「人民との距離の近さ」。心の温もりをアピールしたいとしている。

来賓としては各政党の代表のほか、馬英九前総統も招かれる予定。接待は例年同様、高等教育機関4校の学生が担当する。

準備委員会は1日から来月7日まで、特設サイトでキャンペーンを実施。自分が思う台湾のヒーローや風景の写真と説明コメントを投稿すれば、コンビニエンスストアのコーヒー引換券(限定2800枚)がもらえるほか、抽選でギフト券や記念USBが当たる。

(謝佳珍/編集:名切千絵)