著者撮影

前回、好評だったカヤトーストについて紹介したこちらの記事に続いて、第二弾はシンガポールのコピ文化についてです。

 
シンガポールでは、コーヒーのことをKopi(コピ)といい、紅茶のことをTeh(テ)といいます。今回ご案内するのは、在星者でもよく話題になるそのコピとテのオーダーの仕方。Ya Kun Kaya Toastだけではなく、シンガポール共通のオーダーの仕方についてご案内いたします。

もちろんカヤトーストセットについてくる様々なコピも、今からご紹介する方法でオーダーできますので、是非トースト、半熟卵とともにシンガポールならではのコピ文化を楽しんでみてください。最初は敷居が高く感じるコピの頼み方ですが、いろいろな発見があるはずです。

 

聞きなれない言葉「コピ」「テ」


シンガポールのコピはマレーシアなどの近隣諸国からの影響を受けているといわれており、日本人に馴染みのある一般的なコーヒーとは異なります。思うようにオーダーができないと、想像以上に濃くて甘い味になってしまい、途中でギブアップした経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

もちろんローカルの方でもそういういった濃い味を好む人もいれば、逆に細かなオーダーをしている方も多く、まさにオーダーメイド式にお茶の時間を楽しんでいます。実際に、店内ではいろいろなオーダーが聞こえてきて、それを聞くだけでも面白いです。というのも、オーダーの仕方にはマレー語や福建(ホッケン)の方言が入りまじっているから。いわゆるシングリッシュと呼ばれるシンガポールの独特な英語も同様、様々な言語がミックスされて生まれています。それゆえ、初めての人には敷居が高く感じてしまう要因にもなってしまうかもしれません。

 

基本編:キーワードはO,C, Kosong


テシ著者撮影

オーダーの仕方はバリエーション豊か。複雑に感じるかもしれませんが、キーワードは、O(オ)、C(シ)、Kosong(コソン)。ここさえ押さえればシンガポールコピ文化を制したも同然。コピ、テの語尾に、O、C、Kosongをつけることにより、甘さが大分変わり、自分好みの味にぐっと近づきます。

 

1. 語尾に何も付かない、Kopi(コピ)、Teh(テ)



一般的にガイドブックなどで紹介されることが多いのが、語尾に何も付かないコピだと思います。表現はシンプルだけど、味は1番濃いと思っていただくとわかりやすいです。コンデンスミルクと、更に砂糖も加え、飲み慣れない日本人からすると、震えがでるくらい甘すぎる味と言えるでしょう。

Kopi(コピ) = コーヒー + 砂糖 + コンデンスミルク

Teh(テ) = 紅茶 + 砂糖 + コンデンスミルク


 

2. 語尾に「O(オ)」が付く、Kopi O(コピ オ)、Teh O(テ オ)


「O(オ)」はコンデンスミルク抜きの意味。つまりストレートタイプ、Oは中国福建省の方言でBlackを意味しています。

Kopi O(コピ オ) = コーヒー + 砂糖

Teh O(テ オ) = 紅茶 + 砂糖


 

3. 語尾に「C(シ)」が付くKopi C(コピ シ)、Teh C(テ シ)



「C(シ)」とはエバミルク(無糖練乳)のこと。中国海南省の方言で、Freshを意味しています。

Kopi C(コピ シ) = コーヒー + エバミルク + 砂糖

Teh C(テ シ) = 紅茶 + エバミルク + 砂糖


 

4. Kopi O, Teh O, Kopi C, Teh Cの語尾に付ける「Kosong(コソン)」



「Kosong(コソン)」はマレー語でnothingを意味します。Kosong が付くことにより、No Sugar、No Milk、つまり無糖になります。わかりやすい表現だと、Kopi とTehに、O Kosongを付ければ、無糖のストレートタイプのドリンクになります。

kopi O Kosong (コピ オ コソン) = ストレートブラックコーヒー

Teh O Kosong (テ オ コソン) = ストレートタイプの紅茶

Kopi C Kosong (コピ シ コソン) = コーヒー + エバミルク = 無糖エバミルクコーヒー

Teh C Kosong (テ シ コソン) = 紅茶+ エバミルク = 無糖エバミルク紅茶


 

上級編 : さらに細かいオーダー表現


テシコソン著者撮影

メニューに記載があるわけではないですが、どこのお店でも列に並んでいると当たり前のようによく耳にするオーダーもあります。それぞれ語尾に付けたり、組み合わせることもできます。

Siew Dai(シュウ タイ) = Less sweet = 甘さ控え目。中国福建省の福州地域の方言。

Ga Dai(ガ タイ) = More sweet = 甘さ強め。中国福建省の福州地域の方言。

Peng(ペン) = iced = 氷入り。中国福建省の方言。

Gao(ガオ) = strong、extra thick = 濃い目。中国福建省の方言。

Poh(ポ) = weaker、extra thinner、more water = 薄め目。中国福建省の方言。


 

注文の仕方によっては多少金額が前後しますが、是非、いろいろな方法を試してみてください。シンガポールのコーヒー文化の理解がより深まるでしょう。

 
Ya Kun Kaya Toastからシンガポールを知ろう
vol.1 カヤトースト専門店「Ya Kun Kaya Toast」の種類豊富なトーストを一挙紹介 (http://tripping.jp/asean/singapore/46791)