2大会ぶりのW杯出場へ AFC U−16選手権に臨む日本代表が発表

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は2日、15日から10月2日にかけて行われるAFC U−16選手権インド2016に出場するU−16日本代表メンバー23名を発表した。

 セレッソ大阪U−18からDF瀬古歩夢、MF鈴木冬一、喜田陽、谷本駿介、FW山田寛人の最多5人が選出。そのほか、MF平川怜やFW久保建英(ともにFC東京U−18)、DF菅原由勢(名古屋グランパスU18)やMF福岡慎平(京都サンガF.C. U−18)らも名を連ねている。

 同大会ではBグループに入り、16日にベトナム、19日にキルギス、22日にオーストラリアと対戦。各ブロック上位2チームの全8チームがノックアウトステージに進出し、準々決勝に勝利した4チームがFIFA U−17ワールドカップ2017の出場権を獲得する。また、W杯開催国のインドが準決勝に進出した場合は、準々決勝で敗れた4チームによる5位決定戦が行われる。

 なお、日本は2014年の前回大会準々決勝で韓国に敗れ、W杯出場を逃している。

■U−16日本代表メンバー
▼GK
谷晃生(ガンバ大阪ユース)
青木心(JFAアカデミー福島U18)
大内一生(横浜FCユース)

▼DF
桂陸人(サンフレッチェ広島ユース)
小林友希(ヴィッセル神戸U−18)
瀬古歩夢(セレッソ大阪U−18)
菅原由勢(名古屋グランパスU18)
監物拓歩(清水エスパルスユース)
菊地健太(JFAアカデミー福島U18)
関川郁万(流通経済大付属柏高)
作田龍太郎(ヴィッセル神戸U−18)

▼MF
平川怜(FC東京U−18)
喜田陽(セレッソ大阪U−18)
鈴木冬一(セレッソ大阪U−18)
福岡慎平(京都サンガF.C. U−18)
上月壮一郎(京都サンガF.C. U−18)
瀬畠義成(JFAアカデミー福島U18)
谷本駿介(セレッソ大阪U−18)

▼FW
久保建英(FC東京U−18)
宮代大聖(川崎フロンターレU−18)
中村敬斗(三菱養和SCユース)
棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)
山田寛人(セレッソ大阪U−18)