名古屋人は味噌が大好き

写真拡大

 いまや全国的に定着した「名古屋めし」。ひつまぶし、天むす、トンテキ、あんかけスパなどが有名だが、名古屋の食文化はあの「ソウルフード」を抜きにしては語れない。

 名古屋到着後、コンビニに立ち寄った記者は調味料の棚を見て驚いた。ソースや醤油と並んで、味噌チューブが陳列されていたのだ。東京ではあまり見かけない商品だが、名古屋では各家庭に必ず味噌チューブがあるという。

「名古屋に出張したとき、絶対東京に持ち帰ったほうがいいと勧められたのが『献立いろいろみそ』とネーミングが愉快な『つけてみそかけてみそ』です。名古屋駅内のコンビニでは必ず売っていて、ド派手な金ピカタイプの袋もある。いかにも名古屋的でした」(都内在住の30代男性)

 名古屋文化を詳しく解説した本『名古屋あるある』・共著者の川合登志和氏は名古屋の「味噌文化」を解説する。

「名古屋と言えば、とにかく赤味噌です。味噌汁はインスタントも豚汁も赤味噌がスタンダード。何にかけても名古屋の味になるよう、各家庭の冷蔵庫には味噌チューブが常備されている。赤味噌は愛知県岡崎市が発祥で、それが名古屋でもスタンダードになったと考えられます」

 そんな味噌料理の定番のひとつと言えば、味噌仕立ての汁でうどんを煮込んだ「味噌煮込みうどん」だが、有名店の「山本屋本店」と「山本屋総本家」の露骨な対立も名古屋ではよく知られるエピソード。

「お互いに『紛らわしい店名にご注意ください』とやりあうなど、店同士がバチバチ対立している。ですが、『本店派』『総本家派』を主張するのは少数派で、多くの名古屋人は両店の違いを気にしていません」(川合氏)

 味噌さえ絡んでいれば、細かな違いなど気にしないことは「おでん」からもうかがえる。名古屋人は、「おでんに味噌」と「味噌おでん」のどっちも大好きだ。

「関東風のおでんを名古屋では『関東煮』と呼び、名古屋ではこれに味噌をつけて食べます。似て非なるのが赤味噌の出汁で煮込んだ『味噌おでん』ですが、名古屋人はこれも大好き。要は味噌がつけば何でも構わない」(川合氏)

 おでんの「色」も名古屋ならではだ。名古屋市在住の50代男性がいう。

「名古屋のおでんは、さつま揚げのことを『はんぺん』と呼びます。茶褐色の味噌をつけるために見栄えが悪くなるのをどうにかしたいのか、名古屋のさつま揚げは鮮やかなピンク色をしています」

 とかく味噌好きな名古屋人だが、お雑煮はなぜか味噌を使わずすまし汁だ。

「お雑煮はすまし汁に餅、葉っぱ、かまぼこ、かつお節と超シンプルです。あれだけ味噌が好きな名古屋人が雑煮に味噌を入れないのは、名古屋七不思議のひとつですね」(川合氏)

 ちなみに味噌ラーメンもなぜか人気がないという。

※週刊ポスト2016年9月9日号