誰だっておだてられれば悪い気はしないが、客観的に見ていると、あまり気持ちが良いものではない。埼玉県の主婦Yさん(63才)が夫の恥ずかしい姿を明かす。

 * * *
 大企業Mの孫会社で、専務になって定年した夫(68才)。月に1度は、元部下とゴルフをしていたんだけど、「専務、お迎えにあがりました」と玄関で声をかけられると、上機嫌。近所に聞こえる大きな声で、「今は専務じゃないんだから勘弁してくれよ〜」って。

 で、そこからがしつこい。「しかし何でオレみたいな男をMは専務に選んだかな〜。何でだと思う?」

「そりゃあ、専務ほど仕事ができる人は、いませんから」と言う元部下も人が悪いけど、「そうかなぁ〜。何でかな〜」と、夫は夫で、何度も違うお世辞を言わせるんです。

 見ていられないから、元部下に「これでみんなでお茶でも」と、こっそり現金を手渡していたわ。だけど先日、それを忘れたの。

 当然ね。「あいつら、最近忙しいってゴルフの予定、入れないんだ」ですって。

 * * *
 一方、山梨県のパート勤務の女性Hさん(61才)の夫は、微妙な特技を自慢してくるという。

 * * *
 若い頃、ハワイアンをかじったという夫(70才)は、現役時代はまじめなエンジニア。それが今や友達から電話がかかってくると何オクターブも高い声を出して「よ〜ぅ、元気してるか〜い」。で、お酒も飲めないのに、手にはウクレレを持って、真っ赤なハイビスカス模様のアロハシャツを着こんで、居酒屋に出かけていく。

 本人はいっぱしのバンドマン気取りみたい。だけど、その居酒屋でパートしている友達が言うんだわ。「ダンナさん、ウクレレもいいんだけど、毎度毎度、『ああ、やんなっちゃった』を、何回も弾くからちょっとねぇ」と。ウーロン茶1杯500円しか使わない客なんか、いらないと言わんばかり。

「あの店で、楽器できるのはオレくらいだ」と鼻をぴくつかせている夫には、とても聞かせられないわ。

※女性セブン2016年9月15日号