リオ五輪女子バレーボール、全日本は予選ラウンドを4位(2勝3敗)で通過し、準々決勝では世界ランク1位のアメリカと対戦してストレートで敗れ、ベスト8に終わった。2大会連続のメダル獲得を目標に始動したチームだったが、それを実現できなかった。その要因と、東京五輪に向けての課題や期待される選手について、4大会連続で現地での解説を務めた大林素子さんにお話をうかがった。

【profile】
大林素子(おおばやし・もとこ)
元全日本代表エース。180cmを超える大型選手でありながら、機動性のある攻撃とレシーブで長年全日本を牽引。ソウル、バルセロナ、アトランタの3大会で五輪に出場した。現役引退後は、解説者・タレントとして活躍している。


―― 初戦にして、最大のヤマと見ていた韓国戦で1−3と勝ち点1も取れずに敗れたことが、今大会の流れを決めてしまった気がしますが。

「韓国に敗れたことを、選手が思いのほか引きずりました。私自身も、初戦の韓国戦を勝てば、メダルに届く。負ければベスト8だろうと予測していました。

 日本の韓国戦のテーマは大エース、キム・ヨンギョンと、ヨンギョンの対角(パク・ジョンア)を崩していくこと。対角はうまく崩せてベンチに下げさせたところまではよかった。だけど、代わりに出てきた7番(イ・ジェヨン)が非常によくて。せっかく下げさせたのに、代わって入ったイ・ジェヨンにやられてしまった。

 入り(第1セット)は日本もよかったけど、代わった選手に流れを変えられて、日本はそれに対応できなかった。そして、やっぱり世界的なアタッカー、キム・ヨンギョンは圧倒的にすごかった」

―― 韓国は日本に勝ったあと、優勝したかのように喜んでいましたが、韓国にとってもあの試合は大きかったのでしょうね。

「韓国も日本と同じく、絶対に4位抜けは避けたいと思って初戦に懸けていたと思います。1位抜けは無理にしても、2、3位で予選を抜けたかった。4位になって相手グループの1位チームと当たるのはいやだったはず。

 日本は準備万端で臨んだから、余計に打撃が大きかったのかな。『切り替えます』と言って臨んだ、1日空いての第2戦は勝利しましたが、切り替えきれなかった。

 なんでこれできないの、なんで拾えないの、なんで打てないのって、解説していてもわからなかった。たとえば、石井(優希)が攻撃するのに、相手ブロックがつく......普段ならリバウンドなり、コースを打つなりしているでしょう。技術で説明できない、彼女たちのメンタルの萎縮がすごくて。選手たちは負の連鎖に陥ってしまいました。」

―― 格上のチームに1セットも取れていないという事実があります。さらに格下のチームにも勝つことはできましたが、どれも接戦でした。

「本当に切り替えられなかった。『たら・れば』を考えちゃいけないけど、『あそこで勝っていれば、3位になれたじゃない』というのを、選手も私も言わないけれど、みんな思っていた。

 韓国とやってダメな状態では、それより格上のブラジルやロシアとやったときにも、早いうちに『あっ、やっぱりダメか』とあきらめてしまっていた。巻き返せる強いものを持っている選手がいなかった。石井が崩れた、リベロが崩れた、拠りどころにしていた守りの部分が崩れたところで、上位と対等に組み合える材料がなかったんです。

 4つ(サーブ・レセプション<サーブレシーブ>・ディグ<スパイクレシーブ>・ミスの少なさ)の世界一、どれも達成できなかった。トップチームが、その4つのカテゴリーでも上位にいる。強豪チームが攻撃だけでなく、守備でもそれをクリアしちゃった。この4年間で、海外のほうが、進歩が早かったなと感じました」

―― 予選4位、とはいえ今回優勝の中国も4位抜け。可能性は閉ざされたわけではありませんでしたが、決勝トーナメントに向けて、チームの雰囲気はどうだったのでしょう。

「グループ予選最後のアルゼンチン戦の前、唯一練習公開がありました。その時の雰囲気も、囲み取材ができたのは木村(沙織)と荒木(絵里香)と宮下(遥)だけで、他の選手には声もかけられない感じで、かなりピリピリしていました。空気は重かったし、宮下のコメントも、自信を失っていたので、『私はトスでまったく貢献できてないので、サーブとレシーブで頑張ります』。追い込まれちゃってかわいそうでした。初めてのオリンピックのプレッシャーなどで、苦しいまま試合に突入して、そのまま終わっちゃったのかな。

 すでにメダルというものが、彼女たちの中で途中からすごく遠いものになってしまった。『とにかく(予選最終戦の)アルゼンチンにだけは勝たなきゃ』っていうものになってしまった。韓国戦に負けてから、誰も『メダルに向けて』というコメントをしなくなった。ハッタリでもいいからそれを言える人がもしいたら、また違ったのかもしれない。

 でも、今回のメンバーはみんなすごくまじめだし、謙虚だし、おとなしい。迫田(さおり)がひとりムードを変えてくれたけど、調子のいい人に乗っていけるムードがなかった。木村の、『最後のボールが落ちる瞬間まであきらめない』というコメントを聞いて、『メダルはないな』と思いました」

――「チームワーク」がカギだと眞鍋(政義)監督が言い続けていましたが。

「眞鍋さんが作ってきた道筋は間違ってない。それがあったからここまで来られた。"ハイブリッド6"とか、いろいろな戦術やシステムを試して、模索してきたけど、強豪国には追いつかなかった。敗因はチームワークではなく、もっと技術的なもの。具体的に言えば、セッター竹下(佳江)、リベロ佐野(優子)の穴。チームワークだけでは、埋められないものがありましたね。

 チームワークという点では、みんなで一生懸命やろうという雰囲気はありました。でも、苦しいときにズルズルっといってしまった。誰か先頭を走ってアピールできる選手がほしいですよね。おとなしい、いい子たちだけだとそれが難しい。ロンドンのときはやっぱり竹下がいたし、アテネは吉原(知子)がいた。引っ張ってくれる人がいるときの方が、流れを作れる」

―― そういう意味では、木村選手は今までのキャプテンとは違った?

「トップ選手だからといってリーダーが向いているわけではない。プレーで引っ張るタイプで、彼女なりにすごく頑張ったと思います。リオでは思う存分のプレーはできなかったし、効果率(※1)ひと桁という時間帯も結構あった。準々決勝のアメリカ戦の前に頑張ってとLINEをしたら、全員の集合写真を送ってきてくれました。(アメリカ戦の)最後の踏ん張りがなかったら、悔やむしかない大会になるところでした」
※1 決定本数―(被ブロック数+ミス本数)/打数

―― 大会を通じて、大林さんから見て気になった部分はどこですか。

「レセプションとディグです。レセプションはOQT(オリンピック最終予選)やワールドグランプリでも乱れていたので、今大会も乱されることもある程度予想していました。でも、ディグはあれだけ練習やったのに、と。男子のVリーグ選手たちが来てくれて、ホント怖いと思うようなボールを上げる練習をしていました。ロシア、セルビアなど、あのパワーのあるスパイクを上げなければ、勝利はないというのがスタートだった。そのためにやってきたのに、上がらなかった。

 ディグはブロックとの関係なのですが、オリンピック本番ではダメでした。正面で当たっているボールをはじいてしまう。『男子と練習したじゃない、なぜ上がらないの』という思いはあります。攻撃やブロックのことより、ディグ、レセプション中心の練習をしてきたのに、それが上がらなかった時点で、得点につながる要因がありませんでした。選手選考も攻撃よりも守りを重視したのに、守りが乱れた時点で、負けが見えました。

 あとは、控えの選手が出てきたときの修正能力がなかった。韓国戦はまさにそうだし、優勝した中国、準優勝したアメリカはこの能力がすごく優れている」

―― ベスト8どまりでしたが、大会を通して得られたもの、収穫はありましたか。

「若い世代がオリンピックを知ることができたこと。そして、日本のサーブはいいのですが、外国のサーブはもっといいから、日本はいいサーブでなおかつ絶対ミスをしてはいけない。海外のチームはミスがあっても他で補って、決められる。日本はそこでミスは許されない。

『気持ちじゃないんだよ』と言われますが、『オリンピックで、どれだけ気持ちが大切なのか、みんな知っていますか?』と言いたい。思いがなければ、プレーはできない。その前にあるのは、もちろん技術。でも、オリンピックは技術があっても、メンタルでやられては実力が出せない。男子決勝のイタリアもそうでしたね(※2)。技術で説明できないものがあるんだよ、ということが伝わればいいなと思いながら、現地ではしゃべっていました」
※2 ブラジルがイタリアに、3−0のストレート勝ち。会場の雰囲気に飲まれ、イタリアは実力を発揮できなかった

―― 東京五輪につながる、これからの選手を発掘しないといけないですね。

「全日本での実績もある古賀(紗理那)や大竹(里歩)、高校生の宮部(藍梨)は当然やらなきゃいけない選手。特に直前でメンバーから漏れた古賀は一番悔しい思いをしているはず。大竹は『私がやります!』という気迫がある。ナイジェリア人の父を持つ宮部は身体能力が非常に高い。

 でも、もう攻撃だけ、ブロックだけ、なんていう選手は通用しない。つなぎ、トス、ブロック含めて、平均点で8、9点にいかないと。海外には190cm以上の選手でもレシーブ力が高い選手がたくさんいる。大きい選手はレシーブ免除なんていう時代じゃない。全部できないといけない。そう、リベロの制度がなかった80年代に戻る感じ。

 春高(高校選手権大会)で活躍した黒後愛(180cm)、東国玲衣奈(171cm)も含めて、若くて身長がある選手を鍛えていかないと。あと岩坂名奈(187cm)。やっぱり高さが欲しいから。サーブもいいし、ブロック力もあるし。中学や高校で身長の高い選手を発掘して育成していくべき。チームコアもやっていますが、それをもっと強化していかないといけません」

―― 次の全日本監督について。もし、一部報道で出ているように中田久美さん(元全日本セッター、久光製薬監督)になったら、どうでしょう。

「次、誰がやるのかわかりませんが、相当な覚悟がないとできないし、やってほしくない。東京なので開催国として出られる、というのではダメ。やる以上は腹をくくって心中します、すべてを賭けますという思いで、チームを作らないと間に合わないし、メダルには絶対届かない。

 久美さんはオリンピックの本当の怖さを知っている。メダルを獲れたとき、獲れなかったとき、両方を経験している。(ソフトボールの)宇津木妙子監督とか(シンクロの)井村雅代コーチのお話を聞くと、女子同士って一番きつい。メンタルで一番きついところを、女性なら言えちゃう。『もうできません』と言われたときに『まだできるでしょ』って言える。もし久美さんになったら、どんどん言って、久美さんらしいチームを作ってほしい。

 私の中では一番近い人なので、解説者的にはやりやすくもあり、やりにくくもあり......。でも、中田監督の試合を伝える楽しみもできますね」

 木村沙織はアメリカ戦で敗れて決勝トーナメント敗退が決まったあと、セッターの宮下に「(古賀)紗理那をよろしくね」と頼んだという。強豪チームのさらなる進化を目のあたりにし、課題も多く見つかったリオ五輪だったが、4年後の東京五輪に向けて新しい世代で、新しい体制で、今回届かなかったメダルを目指してほしい。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari