カレからのリクエストで浴衣の下は全裸…

写真拡大

『週刊プレイボーイ』本誌の人気連載『帰ってきたOL萌え萌え倶楽部 VOL.306』。毎回、旬なお題にOLたちが答えてくれた大アンケートから厳選してお届けしております。

あっという間に8月ももう終わり。今年の夏はどうだった? OLちゃんに夏のエッチな思い出を聞いてみた〜!

●朝から晩までずっと
生まれて初めて朝から晩まで。というか正確には、夕方から始まって朝まで。いったん寝て、また昼前から夜までずーっとベッドの中という体験をしました。もう、何回イッて何回エッチしたのかわからない。でもやっぱりそのつど気持ちいい。最終的には2.2kg痩せていました(失笑)。目もギラギラして、頬も心なしかこけていて、いつもより体の凹凸もくっきりしているような感じ。アソコはパサパサに乾ききっておりました。
(姿勢矯正ベルトを愛用中のゼネコン・27歳)

●浴衣の下は
思い出すのも恥ずかしいのですが、カレからのリクエストで、浴衣の下は全裸という体験を。それで電車に乗るとかはありえないと思ったのですが、なんとか頑張りました。それを知ってるからカレ、わざと胸に肘を当ててきたり、座ったときに太ももに手を置いてきたり。軽い攻撃だけでキューンとなるんです。部屋のドアを開けた瞬間、エッチが始まって床で1回イッてしまいまして、そのままベッドで何回も。はしたないことだったと思いますが、かな〜り興奮しました。
(毎日寝る前に腹筋を50回している百貨店・26歳)

●パパみたいな上司と
御年51歳。みんなのパパみたいな上司がいるんですが、その上司と夏休み返上の営業帰りにふたりきりで飲みに行って、私の失恋話を聞いてもらっているうちに、なんだかいいムードに。自然とエレベーターの中でディープキスをしていました。正気に戻るとなぜ?と思うのですが、あぁ見えてパパすごくキスがうまかったんです(今は何事もなかったように、過ごしています)。
(エキストラ事務所に登録中の商社・27歳)

●大きいモノ
新しい出会いもなく、本当にさえない毎日だった2016年の夏。あえて言うなら、ひと回り大きめのバイブを購入しました。サイズ的には前のものがピッタリだったんですけど、もうヤケクソでいっちゃえ〜!って感じ。実体験でも経験したことのないサイズでしたが、だんだんとなじんできている自分がコワい。
(ブッチャーが大好きなエネルギー・25歳)
●お風呂エッチ
この夏、年下のカレ(25歳)とお風呂エッチというのを初体験。友達には「え? 未経験なの?」と言われてしまいましたが、カレとでもお風呂に一緒に入るのはなんか抵抗がありまして。でも、ついこの間、私がお風呂に入っていたら、カレが入ってきちゃったんです。「エヘヘ」っていつもの人懐っこい笑顔で。バスタブに入っていた私の後ろに入ってきて、そのまま後ろから抱っこされて、首筋にキスされて、乳首触られて。どんどん体から力が抜けて、気づいたら抱っこされたまま挿入。その後、シャワーを浴びながら、立ったままで後ろから。お風呂エッチっていつもより刺激的。これからクセになってしまいそうです。
(目をプチ整形した広告・27歳)

●浴衣の帯ひもで
ふたりで浴衣を着て出かけたお祭りの帰りにそのままラブホへ。「今日はシャワーなしね」と言われ、そのまま浴衣の帯を解かれて、帯ひもで両手を後ろで縛られたんです。一連の流れがすごくスムーズで拒絶する暇がありませんでした。手を使えないって感じが、キュンキュン度倍増。最後は座り込んでしまい、ベッドまで運ばれることになりました。
(夏は全身脱毛をする通信・26歳)

●夜景の見えるオフィス
私の働く部署では、夕涼み飲み会という毎年恒例行事があるんです。それが夏休み前の週末に行なわれ、終電逃した深夜1時過ぎに同期男子とともにオフィスに戻りました。オフィスの窓は大きくて東京のウオーターフロントの夜景が見渡せるのです。どの店から眺めるよりキレイで、部屋にはふたりきり。酔っていたこともあり、このシーンでキスしない無粋な人にはなれず、自然にキス→気づいたら窓を背にした部長の席でエッチ。終わった後しばらく苦笑いをしてしまいました。でも、もったいなくて(?)もう1回して、そのままタクシーで帰宅。お互いに本命のある身。そこからは普通の同期の友達関係を貫いています。
(秋田犬の子犬をゲットした化学・26歳)

はみまんアンケート
「この夏、心に残るエッチをした」OLは41%。「この夏、新しい出会いがあった」OLは8%

(イラスト/平松昭子)