杜王町の名所観光ガイドブック


ジョジョファンにとって「行ってみたい街」(美味そうな店があるから)/「行きたくない街」(行方不明者が全国トップだから)、どちらも上位にランクインしそうな杜王町。アニメも折り返し地点に差し掛かり「杜王町の名所」も出そろってきたので、まとめて振り返ってみよう。


その1アンジェロ岩

行き方:杜王町定禅寺通りバス停下車3番バス 徒歩1分
概要:「アンジェロ岩」は道しるべとして、または恋人たちの約束の場所として不気味な外見とはうらはらに町民に親しまれている。

その2 ボヨヨン岬

行き方:地元の漁師に「ボヨヨン岬」ってどこ?と聞くと、その人が親切なら船で連れてってくれる。
概要 漁師が見かけたうわさ話「自殺しかけた若い女を岬の岩は、やさしくボヨヨンと はじき飛ばした」ところから広まった名所。地元の漁師は毎朝無事を願って「神の岬」と呼んでお祈りする

その3 イタリア料理店・トラサルディー(アニメ版で追加)

行き方:杜王町国見峠霊園行きバス、途中下車徒歩1分
概要:決まったメニューがない、一風変わった料理店。店主が、客のその日の体調に合わせてメニューを考えてくれる。
席数が少ないので、行くときは予約をオススメする。

その4 杜王グランドホテル(アニメ版で追加)

行き方:1番乗り場から「杜王グランド海水浴場行き」のバスに乗り、「杜王グランドホテル前」下車、徒歩0分
概要:高級別荘地帯にある趣と歴史あるホテルは、杜王町を訪れる旅行者の宿として、長年愛されている。ホテル内のレストランで食べることのできる牛タンは絶品と評判。

その5 岸辺露伴の家

行き方:杜王町勾当台2丁目バス停下車 徒歩1分(アニメ版の新設定)
敷地103坪7LDKプラス屋根裏部屋。実際行くと居留守を使われる。

その6 少女の幽霊に会える小道

行き方:杜王町駅より11番バス勾当台商店街で下車。杜王町勾当台2のコンビニ「オーソン」となり。薬屋「ドラッグのキサラ」との間に、現れる。
概要:見えない人がほとんどだが、あなたがもしこの小道に迷いこんだとき決して後ろをふり返ってはならない

意外とスタンド殺人事件にまつわる場所は少ないものの、人気漫画家の家を名所にしてる杜王町は個人情報保護法的にどうなんでしょうね……。

第22話は、こんなお話


自分の秘密を知ってしまった重ちーを消そうとする吉良吉影。その本当の顔は杜王町に潜んでいた殺人鬼にしてスタンド使いだった。吉良の特殊能力によって瀕死の重傷を負った重ちーは、クレイジー・ダイヤモンドに傷を治してもらうため、吉良の正体を知らせるために、仗助の元へ向かったが……。

重ちー散る! 殺人鬼のヒントを遺した黄金の精神


殺意のオーラの中に本性を顕にしたドクロのような造形。杜王町に潜む殺人鬼、吉良吉影のスタンド「キラークイーン」の本格デビュー回であり、作画にも気合がみなぎっている。ハーヴェストを叩き落とすときの声「しばっ!」も、やっと声付きで聞ける!

瞬く間にキラークイーンと吉良にハーヴェストのスタンドを取り付かせ、頸動脈に手をかけた重ちー。もしも武道の試合ならば、完ぺきな一本勝ちだ。しかし、重ちーに吉良を始末するつもりはなかったが、吉良は平常心で人を殺せるシリアル・キラーだ。あらゆる戦いで強さ=能力×意思力であり、そこまで覚悟のない(サンドイッチ取り戻したかっただけだ)重ちーが勝てるはずもない。

キラークイーンの手にきらっと光る何か。それはただの百円玉だったが、キラークイーンの特殊能力は「触れたものはどんなものでも爆弾に変えることができる」。コインを回収したハーヴェストと重ちーは大爆発、百円玉は無傷というのがエグい……。

脳みそと顔の肉をシェイクされながら生きていた重ちー。命乞いを聞くつもりなどないが、他のスタンド使いの情報を集めるために「君の両親も始末するよ」と脅す吉良が最悪にゲスだ。

その一言が、重ちーの消えかけていた魂に火をつけた。スタンドを操るということは、できて当然と思う精神力なんですぞッ! 手に掛けた最初の犠牲者・杉本鈴美の名前に吉良が狼狽えたスキにハーヴェストを再起動し、仗助の元へと向かう重ちー。「お、オラは……パパとママを守るど…オラがパパとママをあいつから守るど!」と瀕死の体を動かす黄金の精神。重ちーはこの瞬間、確かに主人公だった。

「なんか変よこの子…先生呼んでこようよ」
「いや…ほっときなよ気持ち悪い…」

学校の廊下でバスケットボールを当てておきながら、重ちーの頭にトゲが生えてるばかりにこの仕打ち! でもブルマ女子だったし(1999年にはアリだ)許す気になるのが悔しい。

ドアの向こうには傷を治せる仗助がいるというのに、すぐ後ろには吉良という絶望。「杉本鈴美の事件のことを知っている物がこの街にいるのか」と追い込むように声をかけられ、重ちーが手にしたドアノブはすでにキラークイーンが触っていた……。

重ちー本人の爆発よりも、跡形も残らないのが実にムゴい。被害者の抹殺と証拠隠滅まで「ボタンをポチッとな」で完了するキラークイーン、殺人鬼が今夜もくつろいで熟睡するための専用スタンドだ。

そして杜王町スタンド使いの大集合。レギュラーに加えてジョセフや露伴先生にトニオ、間田や山岸由花子までやってきた。エンドロールの声優リストがすごいことになってるぞ! 幽霊の杉本鈴美には、吉良に殺された被害者が魂まで砕け散る姿が見えてしまう哀しさ。両親に捜索願を出され、落書きが残った重ちーの机(アニメオリジナル)に胸をえぐられる。

しかし、重ちーは2つの遺言を残した。一つは吉良の服からもぎ取ったボタン。もう一つは、ハーヴェストの異常な最期そのものだ。それは殺人鬼がスタンド使いだと伝え、ジョセフや承太郎が動き出すきっかけを作った。命と引き換えにラスボス攻略のヒントを与えた重ちーは、第三部の花京院と同じぐらい重要キャラなのだ。

「フー…ウチには来ると思えないけどまぁ一応は(注意)ね」

原作と話の順番を入れ替えたことで、今回登場できた辻彩さんのセリフ。それ、死亡フラグ立ててますよ!

スタンド使いは引かれ合う。仗助とすれ違った吉良は、地主の息子からガキっぽい指輪を巻き上げた「心は醜いが美しい手をした女」に目をキラリとさせる。また新たな「清い心で付き合い」が始まる……。

キラークィーン第二の爆弾、シアーハートアタック!



モリモリモリ~と猟奇殺人の前フリになってきた杜王町ラジオ。さっそくCM明けの食卓にはスクランブルエッグとソーセージの充実した朝食、見覚えのある手首添え……キラークイーン仕事はやい!

重ちーの事件から4日、街を歩く承太郎と出くわす康一くん。ジョースター家の人々はよく似た顔をしているが、性格はバラバラだ。明るく人懐っこい仗助、くだらないジョークが好きでノリのいいジョセフ。さて承太郎……第三部でも戦いまた戦いの連続、お笑いはポルナレフやジョセフの役回りだった。モデルは寡黙なクリント・イーストウッド(『JOJOmenon』で荒木先生と対談)の承太郎と、果たして日常会話が成立するのか?

「どちらに行かれるんですか?」
「ん?いや、別に。そのへんだ」

やっぱり承太郎=イーストウッド! 会話が続かないよ~と頭を抱える康一くん、君は何も悪くない。

そのコート素敵ですね!と康一くんが熟考したフリをスルーした承太郎、ふと足を止めたのが靴のムカデ屋。ちなみに仙台に同名の(正確にはむかでや)店が実在していて、買い物すると領収書に「吉良吉影様」と書いてくれるサービス満点の“聖地”である。

そこは靴屋だけどアルバイトで服の直しもしている店(あくまで劇中の設定)。つまりボタンが取れた服が持ち込まれている可能性がある。こういったところには聞き込みを見落としていたぜ……たった4日で町の「すべての洋服屋」を調べていた承太郎、ネズミ回に続いてまた“狩り”をしている。

「坊や。たべっ子どうぶつ一つどう?」

店主のおじさんが食べてる「たべっ子どうぶつ」が実名だー!  販売元のギンビスもエンドロールの「協力」にクレジットされていて、このために許可をとって来た担当者さんお疲れ様です。

承太郎が預かっていた「殺人鬼のボタン」を見せると、おじさんの指差す先にはそのボタンを修理したばかりの服が。いきなり大当たり! 原作では間にあったエステ・シンデレラの話を先出しして、吉良のエピソード二つを直結してるため展開がスピーディーだ。

「どんな客でしたか? 名前わかります?」
「そりゃわかりますとも。バカにしてんですか?注文を受けたお客の名前は全て覚えてますよ(中略)でも見た方が早いかな〜と思って」

覚えてねえじゃねーか! しかし、承太郎達の代わりに服の名札を確認しに行ったことが、結果として2人の命を救う。

「コッチヲミロ!」

キラークイーン第二の爆弾、シアーハートアタックの襲撃で店主の手が吹っ飛んだ! ゲーム版はカシワクラツトムさん(『ちびまる子ちゃん』のはまじや『機動戦士ガンダムZZ』のグレミー・トト)だったが、アニメでは吉良の森川智之さんご本人だ。

普通の人間であるおじさんにはスタンドは見えないが、スタンドの通過した跡は物理的に残っているーーそんなわけで「肩に付いたキャタピラの履帯跡」にビビるアニメオリジナルが、ディ・モールト良し!

シアハ(略称)をおじさんの口に突っ込ませ、死角から上着を回収しようとする謎の手。「見られたか?この吉良吉影の名を…なぜ最近こんな目ばかりに遭うんだ」

アンタが重ちーを殺したからだよ!とテレビに突っ込むところだ。まるっきり被害者ヅラ、悪いことをした自覚がまるでない。DIOやカーズとは違う形だが、ドス黒い悪の中の悪だ。

証拠の上着を引っ張るもたつきは、あたかも誘っているかのよう。このスタンド、何かヤバイ!そう感じたとたんシアハが大爆発、承太郎はとっさに康一くんを守るのだった……。

改めてアニメで見直すと、むかでやの店主が手をぶっ壊されたり口にスタンドをつめ込まれたり、あげく爆破されるわで、ジョジョ史上まれに見るヒドい扱い。ジョジョファンは、仙台に行ったときはむかでや(実在)さんで買い物しようぜ!
(多根清史)