1日、サッカーのワールドカップアジア最終予選の中国対韓国の試合後、中国のサポーターが会場のごみを拾う光景が、韓国人を驚かせた。

写真拡大

2016年9月1日、サッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選の中国対韓国の試合後、中国のサポーターが会場のごみを拾う光景が韓国人を驚かせた。

【その他の写真】

韓国のホームで行われた試合は、前半に韓国が先制ゴールを挙げると、後半にも2点を追加して3−0とリードした。しかし、諦めない中国はそこから2点を奪い返し、意地を見せる。結局、試合は3−2で韓国の勝利に終わったが、この試合のハイライトはそこからだった。アウェーの地に駆けつけた中国サポーターが、スタンドに残されたごみを拾ったのだ。この光景に、韓国の警備員も驚きの表情を浮かべていたという。

このニュースが報じられると、ネットユーザーからは、「中国は進歩しているな」「偉大な中国サポーター!いいぞ!」「心が震えた。現地に駆けつけたサポーターに感謝。君たちは素晴らしい」「すべての中国人がこれをできるようになったらどんなにいいか」「これはたたえないといけない。試合には負けたけど、人間としては負けなかった」「中国代表に希望が見えたし、中国人にも希望が見えた」など、称賛の声が数多く寄せられた。

中国サポーターのごみ拾いは過去にも報じられており、国内リーグの試合や、昨年1月のアジアカップの試合などで、スタンドのごみを拾う姿が見られている。(翻訳・編集/北田)