女王蜂みたいな女「Queen Bee」という言葉、どんな人を思い浮かべますか? 女王蜂はミツバチの巣のなかに1匹はいる特別な蜂。おいしい蜜を吸って、一生女王として君臨する、そんな比喩からアメリカでは「あの子って女王蜂みたい」という表現があるそう。
今回は「敵にまわすと怖い女王蜂系女子の特徴5つ」をまとめてみました!

敵にまわしたら絶体絶命! 女王蜂系女子の特徴

グループのなかでリーダー的な存在を確保しながら、たくみにまわりをあやつる女王蜂。そんな特別意識が強い女性、あなたのまわりにもいませんか?
さっそくその特徴をチェックしてみましょう!

1. 仲良し、仲間意識が強すぎる

「私たちって親友だよね」とみんなに言いながら、上手にグループをつくることができる女王蜂系女子。みんなと一緒が大好きで、友だちにも「一緒」を強要するように。
最初は「仲良しだし、楽しいからいいよね」と合わせていたまわりの人たちも「いつも一緒、同じ価値観をもってくれ」という無茶ぶりにだんだん疲れちゃう……!?

・ 「大人になっているのに、学生気分でいつまでもグループにこだわる女。誘いを断ると不機嫌に。いつも一緒って無理でしょ!」(31歳/ネイリスト)

・ 「価値観のちがいに対して、なぜか腹をたてる人。みんなと一緒じゃない子を仲間はずれにしたり……怖いです」(27歳/美容師)

▽ 学生じゃないのに、いつも一緒が大好き。いつもグループで動きたがる。自分と同じ意見じゃない人に噛みつく……。まさに女王蜂です。

2. 写真はいつもど真ん中をキープ

グループのなかで「私が一番」という意識が強い女王蜂系女子は、写真をとるときにいつも真ん中を死守! 真ん中にうつることでリーダーの座を何気なくアピールしています。

・ 「仕切りたがり屋のM子、みんなで集まったときの写真を見ると、いつも彼女が真ん中です」(28歳/会社員)

・ 「写真だけじゃない、飲み会の席だって絶対真ん中に座りたがる」(24歳/営業)

▽ 女王はいつも主役!? ど真ん中のポジションは絶対のようです。

3. 逆らうといっせいに攻撃しはじめる

合わせているときはニコニコなんだけど「それは……」って意見すると、態度がコロッと変わり、まわりの子も含めていっせいに攻撃開始!

・ 「テイラースウィフトみたいに、気に入らない子がいると自分のグループ内の友だちも一緒に巻きぞえにして、「一緒に無視しよう」とか言いはじめる子がいます」(26歳/通信会社勤務)

・ 「仲間全員で攻撃しようとしてくるから、怖くて逆らえない。無難に仲良くしてないと不安」(29歳/営業)

▽ 女王蜂系ならでは、気に入らない子がいると仲間も一緒に攻撃しようと誘ってくるから怖いです。

4. SNSでは常にグループ写真投稿

女王蜂はひとりで生きていけないもの? そのためかインスタやfacebookはいつも仲間と一緒の写真です。

・ 「強がってるけど、いつも誰かと一緒じゃなくちゃ不安なのかなって思う」(31歳/自営業)

・ 「学生ならわかるけど、友だちとおそろいコーデしたり、ラブラブすぎる仲間写真をアップするのもどうなのかな……と」(27歳/会社員)

▽ ハッシュタグは「仲良し」「いつも一緒」とか!? 大人なのにひとりで行動できないのも女王蜂系女の特徴みたいです。

5. かわいい子にだけ近づく

自分のまわりには「美人、かわいい子」だけをおきたいというのも女王蜂ならではの発想のようで。美女だけでつくられたグループは最強に見えますからね。

・ 「かわいい子だけを自分のグループに誘う子。容姿だけ見て判断するなんて本当の友だちじゃない!」(28歳/ネイリスト)

・ 「美人だけでつくられた最強グループをつくろうとしているA子。アイドルグループでもつくる気なの!?」(27歳/会社員)

▽ 女王蜂はかしこい蜂やできる蜂を集めて、そのグループを最強にするといいますが、女性の場合はかわいい子を集めておくようです。

まとめ

あなたのまわりにもこんな女王蜂系女、いませんか?
近づきすぎず、でも敵にまわさないように。友情にあつい彼女ですから、逆らわなければ楽しい付き合いができるのかも……?