都市部を中心に、コンパクトサイズのSUVやワゴンが人気を集めている。個性的なスタイリングだけではない、輸入車の魅力を探ってみた。

ミニ『クーパー クラブマン』VSフィアット『500X』小さくても見た目が重要!?個性派ユーロコンパクト対決

 SUVやラゲージスペースが広く荷物の積み降ろしがラクなワゴンの人気は根強い。だが一方で、車種の選択肢が少ないのも事実。特に国産車の場合コンパクトなSUVやワゴンは少ない。そこで注目したいのが輸入車だ。ダウンサイジングエンジンを搭載した新型車が次々と上陸している。今回は旬な2台を比較試乗した。

 ミニのワゴンは『クラブマン』という名前で2007年に登場。爛椒妊ー片側リアドア瓩箸いκ兮的な形だった。2代目は2015年秋にフルモデルチェンジ。ボディーは大きくなり、ドアも4ドア+リアゲート2ドアの6ドアになった。エンジンは『クーパー』が3気筒の1.5Lターボ+6速AT。『クーパーS』は4気筒2.0Lターボ+8速ATで、どちらも前輪駆動となっている。

 一方、フィアット『500X』も2015年9月に登場したばかり。2008年に販売を開始した。足回りは同社傘下のジープの『レネゲード』と共通でパワーユニットは1.4Lターボ。FF車は6速AT、4WD車の『クロスプラス』は9速ATを組み合わせている。『クーパー』と『クロスプラス』はFFと4WDで駆動方式が違うのだが、価格や動力性能は近いものがある。

◎充実した走行モードと想像を上回る低燃費

 ミニの3気筒1.5Lターボはアイドリング時の音が若干大きめ。シフトタイミングやトルク曲線はATシフトの根元にあるリング状の切り換えレバーでグリーン/ミッド/スポーツの3種類が選べる。スポーツモードは3000回転から上の伸びは鋭く、一気に5500回転まで上昇する。ミッドモードは2500回転からレスポンスがよくなるが爆発的な加速はない。だが走行燃費はカタログ値を上回る17〜20km/Lを記録した。

『500X』の1.4Lターボは、2000回転以下のトルクは細め。こちらもオート/スポーツ/トラクションの3モードを用意。トラクションモードは後輪への駆動力を多めにしたセッティング。4WDの走りはジープの技術を応用していることもあり心強い。実走燃費は12〜17km/Lと、こちらもカタログ値を大きく上回った。

 個性的なスタイリングだけでなく、きめ細かい走行性能、上質感のあるインテリアなど2台とも完成度はかなり高い。国産車が手薄なコンパクトSUVやワゴンのカテゴリーで、今回紹介した2台のような輸入車の注目度が高まっている理由がわかるような気がした。

◎独創的でエレガントな佇まい
ミニ『クーパー クラブマン』

ミニ『クーパー クラブマン』

Specification
■全長×全幅×全高:4270×1800×1470mm
■ホイールベース:2670mm
■車両重量:1430kg
■排気量:1498cc
■エンジン形式:直列3気筒DOHCターボ
■最高出力:136PS/4400rpm
■最大トルク:220Nm/4300rpm
■変速機:6速AT
■燃費:17.1km/L
■車両本体価格:344万円

ミニ『クーパー クラブマン』

大きくなったミニは、ハッチバックのミニより全幅が広い1800mm。ホイールベースは、同じグループのBMW『2シリーズ アクティブツアラー』と同じ。これからのミニはプレミアム路線を歩もうとしているのが伝わってくる。『クラブマン』はその第1弾でエンブレムもこのモデルから変更になった。

ミニ『クーパー クラブマン』

『クラブマン』の歴代モデルは観音開きのリアゲートを採用していたが、その伝統は受け継がれている。しかも最新モデルはリモートキー操作で自動で左右に開くようになった。テールランプも横置きになっている。

ミニ『クーパー クラブマン』

AT車でもシフトレバーはMT車のシフトをイメージしたデザイン。その根元にはグリーン/ミッド/スポーツの3モードを選択できるスイッチがある。前後にはナビやオーディオを操作するスイッチも用意されている。

◎ポップなイタリアンクロスオーバー
フィアット『500X』

フィアット『500X』

Specification
■全長×全幅×全高:4270×1795×1625mm
■ホイールベース:2570mm
■車両重量:1460kg
■排気量:1368cc
■エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
■最高出力:170PS/5500rpm
■最大トルク:250Nm/2500rpm
■変速機:9速AT
■燃費:13.1km/L
■車両本体価格:334万8000円

フィアット『500X』

『クラブマン』とボディーサイズを比べてみると、全長と全幅はほぼ同じだが、全高だけ『500X』のほうが155mm高い。最低地上高も『500X』は165mmで『クラブマン』(140mm)より高い。タイヤサイズも『500X』は225/45R18でNINIより1サイズ大きい。

フィアット『500X』

センターコンソールにあるダイヤルは全グレードに標準装備されているドライブモードセレクターでエンジン、ミッション、操舵力をコントロールする。外側のダイヤルを動かすとメーターに選択したモードが表示される。

フィアット『500X』

大ヒットしている『500』をベースにしたスタイリングだが、室内にもそれが踏襲されている。ヘッドレストが丸い形をしているのはその象徴。インテリアやカラーリングのセンスのよさはイタリア車ならでは。

《国産車にはない機能的でスタイリッシュなインテリア》

◎ミニ『クーパー クラブマン』

■エンジンルーム

ミニ『クーパー クラブマン』

直列3気筒エンジンはミニ/BMWグループとして初めて採用された。アイドリング時の音はやや大きいが振動は少ない。ターボのトルクは低回転からスムーズに上昇し、タイムラグもほとんどない。

■運転席と各種装備

ミニ『クーパー クラブマン』

インパネのデザインは、初代ミニからコンセプトは変わっていない。最新モデルからようやく中央の大径画面にナビゲーションの画面が内蔵されるようになった。マニュアル風デザインのシフトレバーも特徴的。

■シートスペース

ミニ『クーパー クラブマン』

前席のポジションは低め。ハンドルも上下の調節はできるが、低めのセッティングとなっている。頭上のスペースもたっぷり余裕がある。運転席は腰から脇腹にかけてのシートのホールド性がよかった。

■ラゲージスペース

ミニ『クーパー クラブマン』

リアゲートは左右に大きく開くが、閉める時はやや反発力が強いため、力が必要。開口部の床面の高さは路面から660mmと低め。ラゲージスペースは広々としている。床下のサブトランクも高さ130mmを確保している。

◎フィアット『500X』

■エンジンルーム

フィアット『500X』

4気筒1.4Lのターボは2000回転からトルクがグンと伸びるセッティングで、最近のターボでは珍しい。9速ATを組み合わせているが、9速に入るのは100km/h以上。ただしスポーツモードは8速までしかシフトできない。

■運転席と各種装備

フィアット『500X』

インパネ中央のモニターは、オーディオやステアリングホイールのコントローラーで、ナビはここには入らない。インパネのカラーは基本はボディーと同色だが、ボディーが赤の場合、黒も選べるようになっている。

■シートスペース

フィアット『500X』

前席の着座位置はやや高めだがインパネも高めの設計となっているため、囲まれ感がある。シート調整は電動式。内装色はブラウン、グレー、ブラックという地味めの色が選べる。後席も居住性はよい。

■ラゲージスペース

フィアット『500X』

奥行きは20mmほど『500X』のほうが長いが、左右幅は60mm狭い。床面は開口部より50mm低く、サブトランクはスペアタイヤが占領している。開口部は路面から770mmで高めなので重いものの出し入れはつらい。

■実用性は十分。完成度の高さはほぼ互角

◎MINI Cooper Clubman

[運転性能]3気筒+ターボエンジンはトルクバンドも広く、3つのモードのメリハリもしっかりしている。18点

[居住性]着座位置は低めだが頭上のスペースはたっぷり。リアも身長170cmクラスなら十分座れる。18点

[装備の充実度]ナビは標準装備。ドアトリムフィニッシャーにLEDイルミネーションを内蔵するあたりがおしゃれ。18点

[デザイン]サイズは大きくなったがイメージを崩さず一目でミニとわかるスタイリングに仕上がっている。18点

[爽快感]スポーツモードを選択すると1.5Lターボとは思えないほど走りは力強い。ただしエンジン音がやや大きい。18点

[評価点数]90点

◎FIAT 500X

[運転性能]運転席の見通しは良好。2000回転以下のトルクが細いのが気になった。9速ATも物足りなさを感じる。17点

[居住性]大径のメーターは見やすくモードによって表示が変わる。助手席前のインパネが低めで圧迫感がない。18点

[装備の充実度]安全装備も充実しているが、ナビがセンターポジションではない。シンプルでムダがない。18点

[デザイン]『500』をベースにSUVに仕上げたしたセンスは評価できる。実用性も十分だ。18点

[爽快感]4WDモデルは足回りにやや重さを感じた。ハンドリングはやや軽めでロールは抑えられている。18点

[評価点数]89点

文/石川真禧照