【臍帯血バンク】出産時の「さい帯血」で自閉症や脳障害が治る!? 赤ちゃんの未来への希望とは

写真拡大

赤ちゃんのさい帯(へその緒)や胎盤に含まれる血液、「さい帯血」。

ビックリ! 「新生児」にまつわる、みんなが知らない意外な真実7

出産の時に採取可能なこの「さい帯血」が、いま再生医療の分野で注目を集めています。

脳性麻痺や自閉症、自己免疫疾患など、今まで治療が難しかったさまざまな病気の治療への応用が期待されており、もし自分の赤ちゃんが将来、そのような病気にかかった場合、自分のさい帯血を使って治療を受けられる可能性があるのです。

子どもの脳障害や自閉症の治療などに大きな期待

「さい帯血」には、さまざまな細胞に成長する「幹細胞」という細胞が豊富に含まれています。

赤ちゃんの血液ゆえ増殖能力に優れた細胞が多く、移植先の環境にも適合しやすいという特性があるため、骨髄移植と並び、白血病の方への移植など血液疾患の治療に広く使われるようになっています。

そして、近年大きな関心を集めているのが、さい帯組織に含まれる「間葉系幹細胞」と呼ばれる幹細胞。

神経細胞や筋肉、骨、軟骨など多様な細胞に成長する能力を持つことから、脳の障害や免疫にかかわる疾患への治療効果が期待されています。

では、具体的にどのような病気の治療に役立つのか、民間さい帯血バンクの国内大手・ステムセル研究所の佐藤英明氏にお聞きしました。

「さい帯血を使った再生医療研究は、アメリカを中心に約10年前から始まり、現在では日本を含めアジア諸国で行われています。

なかでも成果を上げ始めているのが、小児の脳障害(脳性麻痺や新生児低酸素性虚血性脳症)に対する研究です」

「また、近年の自閉症(自閉症スペクトラム障害)に対する臨床研究(米国)において、期待の持てる成果が報告されているほか、小児難聴や I型糖尿病(小児糖尿病)といった疾患を対象にした研究も進んでいます。

将来的に研究の対象となる疾患は特定しきれませんが、過剰になった免疫機能を調節したり、本来備わっている自己治癒作用を補助したりする用途での研究が、今後も発展していくのではないかと考えています」

さい帯血は、上記に挙げたような小児の病気に対してだけでなく、心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマー病などへの研究も進んでいるそう。

また、本人(さい帯血の提供者)のみならず、ある程度型が合えばニ親等まで利用できるため、今後の治療効果の実証が待たれます。

採取のチャンスは一度だけ。本人の使用に備える場合は民間バンクで保管

さい帯血は、さい帯や胎盤の中に残っている血液のため、採取できるチャンスは出産の時、一度限り。赤ちゃんや母親への負担は一切ありません。

さい帯血を保管する「さい帯血バンク」と提携している産科病院であれば、どこでも採取が可能です。

さい帯血バンクには、大きく公的と民間の2つがありますが、さい帯血を子ども本人のために保管するサービスは、民間バンクが行っています。

民間バンクに預ける際には費用が必要となります。

それでも、軽度を含めると日本人100人に1人程度が発症するといわれる自閉症をはじめ、脳や免疫疾患など幅広く再生医療の可能性に備えることができるため、民間バンクを活用する方が増えているといいます。

採取されたさい帯血は、どのように保管されるのでしょうか。

「採取したさい帯血は、品質が低下しないよう、48時間以内に不要な成分を除去する作業を行います。

その後は、細胞へのダメージがなるべく少なくなるよう細胞保護液を用い、特殊な冷凍プログラムを使って細胞を凍結。

最終的に約-190℃の液体窒素を用いた保存容器で保管します。理論上は、半永久的に保管できると考えられています。

採取するさい帯血の量には限りがあり、お産の状況やへその緒の太さなどによっては少ないこともありますが、少しでも多くのさい帯血を円滑に採取できるよう、さまざまな取り組みをしています」

日本でもいずれ、さい帯血を使った再生医療が身近になりそう

さい帯血についての認知が広まっているアメリカでは、半数以上の州で、さい帯血の採取・廃棄について、出産時に医師による説明が義務づけられています。

またすでに、保管されたさい帯血の70%以上が、再生医療・細胞治療分野に使われるようになっているとか。

日本ではまだ、さい帯血の可能性や、それが大切な医療資源であるという認識が定着していないのが現状ですが、今後、さい帯血を使った治療法が確立されるにつれ、より身近なものになっていくと思われます。

さい帯血の保管が選択肢のひとつになる時代が、まもなくやってくるかもしれません。

※民間バンクはハードルが高いという方には、さい帯血を公的バンクに寄付するという選択肢もあります。将来的に本人や家族が利用することはできませんが、白血病の方などの治療に役立てられます(費用は無償)