子どもに大人気!楽しんで職業体験できる「キッザニア」ってどんな施設?

写真拡大

子どもに大人気のキッザニア、一度は連れて行ってあげたいですよね。子どもに貴重な体験をさせてあげられる場所ですし、何かに憧れを持ったり、将来こうなりたいな…なんてきっかけを作ってあげられるかもしれません。キッザニアの楽しみ方についてご紹介します。

■ キッザニアって?

キッザニアは東京の豊洲と兵庫県の甲子園の2箇所にあり、対象年齢は3歳から15歳までとなっています。子どもが仕事やサービスを通じ、今の社会の仕組みを知ったり、自分の役割について学ぶことができる場所です。つまり、子どもが主役になれる街、なのです。街のサイズも約3分の2で子どもサイズに作られています。大人と同じように仕事をすると、キッゾという専用通貨がもらえて、キッゾで買い物やサービスを受けることができます。

■ キッザニアで楽しむ条件

キッザニアは子どもが主役の世界なので、子ども自身が自分で楽しめるかどうかが大事です。3歳から入園は可能ですが、ママやパパと離れてしまうこともあるので、ちゃんと子どもが自分だけで楽しもうとできるかどうか確かめましょう。そして人の話をちゃんと聞けるか、指定されるユニフォームを嫌がらないか、というのが最低条件となります。

■ 子どもに人気の職業

◎ 飛行機でパイロット・キャビンアテンダント

子どもが憧れる職業として、パイロットやキャビンアテンダントがあります。憧れの職業を体験できるので、子供に大人気のパビリオンとなっています。

◎ 消防署で消防士

男の子なら一度は憧れるのが、消防士という職業です。通報が入ったら消防車で駆けつけて、消火活動をおこないます。

◎ 観光バスでバスガイド

観光バスはキッゾで乗ることもできるのですが、バスガイドの仕事体験もできます。マイクを使って乗客に街を案内します。

◎ 地下鉄で運転士・車両整備士・軌道作業員

地下鉄は男の子に人気が高いパビリオンで、3つの仕事が体験できます。運転士が中でも人気が高く、シミュレーターを使って運転をします。車両の点検をする車両整備士は、クレーンで車両を持ち上げることもできるようになっています。

地下鉄のパビリオンはキッザニア甲子園にはありませんが、代わりに電車のパビリオンがあります。

◎ 銀行でサービスを受ける

銀行は大人が行くところ…そんなイメージがありますが、子どもだって体験してみたいサービスですよね。口座を開設する、両替や預金をするなど…銀行を利用できます。なんとキッゾを預金すると金利がつくなど…なんだかとてもリアルで、子どもが銀行の仕組みを学べます。

■ 子どもが成長できる場所

まるで現実社会と同じようなキッザニアは、子どもが成長できる場所です。いろいろな体験をさせてあげると、自分自身の役割や社会の仕組みも理解できるようになります。1回といわず、何回も連れていきたくなる場所ですよ。

(image by amanaimages)
(著&編集:nanapi編集部)