よく美肌や健康のためには食生活を整えることがあげられますが、食生活を整えるとおおくくりにされても、どうすればいいのかさっぱり分かりません。食生活が与える影響がすごいのは事実。
今回は食生活を整えるにあたって大切なことをお伝えしていきます。この4つを意識することが食生活を整えるための第一歩です。

4つの意識で食生活が整う!

1: 選ぶ

食材選びは食生活を変えるにあたって最初にすべきこと。食べたものから高い効果を得るためには、栄養価の高い旬の食材や新鮮なものを選ぶことは必須です。
食材選びは「質」にこだわりましょう。お肉やお魚もスーパーに並んでいるものよりも専門のお店で買うのがおすすめ。

2: 補う

栄養にはバランスが重要です。たとえばどんなに美肌にいいビタミンだけを摂取しても、他の栄養素が不足していては完全な美肌を目指すことは不可能なのです。栄養はそれぞれ役割がちがうため、不足すると心身の不調につながります。
意識したい栄養素はすべての機能のエネルギーとなるたんぱく質のほか、神経の興奮をおさえたりホルモンを調整するカルシウム、ビタミンB6、生理前に不足しがちな鉄分です。
1日30品目と言われていますが、料理をするときはさまざまな色の食材を使うことで品目を増やすことができます。サラダにしても、レタス・コーン・大豆・ニンジン・オニオン・大根・ワカメ・パプリカなどを入れれば、色とりどりで見た目も◎! これだけで8品目が達成します。

3: リズムをつくる

食欲にしたがって食べていたり、食事の時間が不規則だと自律神経がみだれ、さまざまな不調の原因になります。
朝は7時、お昼は12時といった一般的なルールではなく、ひとりひとり生活のリズムは違うのですから、自分自身の生活のリズムにあったルールをつくりましょう。
食欲が増す生理前なども自分でルールをつくっておくことで、ストレスを感じることなくコントロールできますね。

4: 避ける・控える

食品を買うときは裏側の成分表をチェックする癖づけをすると、今後の添加物をひかえたり体内にとっても負担ない食生活をすることができます。
食品はなるべく安心・安全・新鮮をモットーに選びたいので、加工食品や冷凍食品などは日頃からひかえる意識をしましょう。慣れてくると当たり前のことのように添加物に気をつける習慣がつきますよ。
添加物はインスタントだけではなく、大型チェーン店の外食・食卓に並ぶことの多いハムやソーセージ・たらこなど、日常にたくさんひそんでいます。

まとめ

毎日の食事での栄養バランスがくずれると、体を酸化させるため疲れやすく疲れがとれにくい、肌トラブルを起こしやすい、落ち込みやすいといった心身の不調があらわれます。
なんだか最近パッとしないな〜と感じたら、まずは食事の見直しをスタートしてみましょう。一番のおすすめは自炊です。自分のために自分の体が喜ぶものをなにか1品つくるだけでも格別においしく感じますよ。