photo by JESHOOTS(CC0 Public Domain)

写真拡大

 9月7日に正式な発表が行われる公算大のiPhone7だが、間際になって意外な可能性が取り沙汰され始めた。ソニー(東1・6758)が開発した非接触型ICカード技術であるFeliCa(おサイフケータイ)が採用されたとの観測が強まっているのだ。

 世界的な情報サービスであるブルームバーグも報じているだけに、信憑性も高いと言える。同技術はSuicaやPASMOなどといったICカード乗車券や、楽天Edy、nanaco、WAONなどのプリペイド型電子マネーに採用されており、ついにiPhoneがおサイフ機能を果たすようになるわけだ。

◆決済サービス関連銘柄に注目

 アップルは’14年に独自のモバイル決済サービスApple Payをスタートさせているものの、日本での展開はまだ未着手だった。また、FeliCaについても国際標準規格とはなっていなかったことから、ずっと採用を見送ってきたという経緯がある。

 だが、ライバルのグーグルが今秋にも日本でスマホを用いた電子決済サービスであるAndroid payを始めることが明らかに! 専用アプリをダウンロードして提携金融機関が発行するクレジットカードやデビットカードを登録すれば、国内のみならず海外においてもリーダー(読み取り機)にスマホをかざすだけで支払いができるようになる。

 アップルがこうした動きを静観しているはずがなく、水面下でSuicaやPASMOなどとの提携交渉も進められてきたと言われている。FeliCa搭載が来年発表見込みのiPhone8にずれ込む可能性もあるが、グーグルとアップルによる決済サービス戦争が日本でも勃発することは間違いないだろう。

 実際、株式市場でもすでにFeliCa関連銘柄が物色されている形跡がうかがえる。その一例が国内初のBtoB決済ソリューション「ペイメント・マイスター」を手掛けているフライトホールディングス(東2・3753)だ。

 これは、iPhoneやiPadをクレジットカードのリーダーとして使用できるようになるシステムで、すでにホテルやレストラン、タクシーなどといった幅広い業種に普及が広がっている。しかも、Apple Payに対応した最新鋭のマルチ決済装置 「インクレディスト・プレミアム」の発売も開始したので、まさに関連銘柄のド真ん中に位置していると言えよう。

◆カメラ関連銘柄も見逃せない

 もちろん、FeliCaの開発元であるソニーにもiPhone7への採用は非常にハッピーなことなのだが、業績へのインパクトは限定的とみられ、現に株価もさほど反応していない。むしろ、ソニー製品を扱っている電子部品商社のUKCホールディングス(東1・3156)のほうがダークホース的な存在として妙味があるかも? 市場でFeliCaが注目されると、その関連銘柄として短期トレーダーなどから思惑買いが入りやすいからだ。

 一方、iPhone 7 Plusモデルにデュアルカメラが搭載される可能性が高いことも見逃せないポイントだろう。2つのカメラで同時撮影した画像を合成してより解像度の高い写真に仕上がるのが特徴で、歴代のiPhoneシリーズ搭載カメラの中でも突出した進化を遂げると目されている。

 カメラ関連の部品を供給するメーカーにとっても、このことは商機の拡大に直結している模様。筆頭に挙げられるのは、デジカメのオートフォーカス用カメラアクチュエーターでトップシェアを獲得しているアルプス電気(東1・6770)だ。

 すでに同社製「光学手ぶれ補正機能」は、’14年9月発売のiPhone6Plusに採用済み。それまでは業績が低迷傾向にあったが、iPhone特需を機に一気に改善を果たした。今回、実際にデュアルカメラが採用されれば、「光学手ぶれ補正機能」も1台につき2つが必要となるので笑いが止まらないはずだ。

◆イヤホンジャック廃止の噂も?