写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オーシャンブリッジは9月1日、ファイル軽量化ソリューションのソフトウェア開発キット(SDK)の最新版「NXPowerLite 7 ソフトウェア開発キット」を発表した。発売日は9月30日を予定している。

NXPowerLiteは、Microsoft Officeファイル(Word、Excel、PowerPoint)やJPEGファイル、PDFファイルについて、そのままのファイル形式で最大50分の1のサイズに軽量化するソリューション。用途に応じた「デスクトップエディション」「ファイルサーバエディション」「SDK」の3つのエディションで展開している。SDKは、製品への組み込みを行うことを前提に作られており、C++やJavaなどのさまざまな開発環境から利用できる。

今回の最新版では、Microsoft Office 2016で作成されたWord/Excel/PowerPointファイルの軽量化に対応したほか、マルチスレッドプログラミングにより、複数の軽量化処理を並行して実行することが可能になった。また、JPEGファイルの処理機能が向上し、従来の約半分の時間で軽量化が行えるという。

提供価格は、個別見積もりとなる。

(山本明日美)