■連載/ペットゥモロー通信

犬の栄養のキーワードは30%!

6-14

たんぱく質・炭水化物・脂肪の三大栄養素に、ビタミン・ミネラルを加えた五大栄養素は、人間と同じで犬にも必要な栄養素です。しかし、必要な栄養バランスは人間と犬では異なります。

犬は、1日に摂取するたんぱく質の30%が皮膚や被毛の維持に使用されると言われており、栄養状態が悪くなるとすぐに皮膚や被毛に現れます。そのため、理想のたんぱく質の摂取量は、人間が1日に摂取する量より多いのが理想とされています。

最近では犬の手作り食も人気となっていますが、毎日、欠かさず栄養バランスが整った手作り食を与えるのは専門的な知識と経験、作る時間などが必要になるため、なかなか難しいのが現状です。その場合は、総合栄養食と記載されたドッグフードをメインとして与えることをおすすめします。

この総合栄養食のドッグフード、犬が1日に必要とする栄養素が含まれているため、総合栄養食と水があれば、健康を維持出来ると言われています。特に、米・小麦グルテン・トウモロコシ粉・チキンミールが含まれたフードには、たんぱく質が多く含まれており消化率も非常に高いのが特徴です。

総合栄養食のドッグフードでも様々な原材料のものがあるので、購入の際に、原材料をしっかりチェックすることを忘れずに。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)