画像

写真拡大 (全2枚)

 ソフトバンクは、Nianticおよびポケモンとパートナーシップ契約を締結。2016年9月以降に「Pokémon GO」において、全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「ポケストップ」または「ジム」として登場する。

 ソフトバンクは、Nianticおよびポケモンとパートナーシップ契約を締結。これにより、スマートフォン向けゲームアプリケーション「Pokémon GO」において、全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「ポケストップ」または「ジム」として2016年9月以降に登場する。

 「Pokémon GO」には、ポケモンを捕まえるために必要なアイテムなどを入手できる「ポケストップ」や、他のプレーヤーのポケモンと戦う「ジム」という拠点が、現実世界の名所旧跡や有名なモニュメントなどに設定されている。今回のパートナーシップ契約締結により、ソフトバンクショップとワイモバイルショップが「ポケストップ」または「ジム」となり。また、今後、ソフトバンクならではの「Pokémon GO」とのコラボキャンペーンやサービスの提供も検討していく。

MarkeZine編集部[著]