アイマスクからオフィスまで!最新IoTがそろう「+Style」が気になる!

写真拡大

ソフトバンクが運営する消費者参加型プラットフォーム「+Style」。今回新たに2つの企画と7つの製品の追加が発表されました。2016年9月1日より順次追加されるアイテムにはどんなものがあるのでしょうか?

[関連記事]

IoTの可能性を感じさせるトガッたラインナップ!

【プランニング】
IoTをフル活用した家への意見を募集!

▼IoTハウスプラン


大和ハウスが企画するIoTハウス「家族と成長する家」について、+Styleで意見を募集。「成長」をキーワードに、家族の行動を学習して住むほど快適になる家や、家族のイベントや日常の様子を記録し見守る家を目指すために、IoTをどのように活用すればよいか幅広く意見を募集します。+Sytleにて掲載中。

「家族と成長する家」>> https://plusstyle.jp/planning/item?id=10

 

▼IoTオフィスプラン

index_pic_02
オリックスが運営するレンタルオフィス「CROSS OFFICE」と+Styleのコラボレーション企画です。

受付や会議室などをビル全体で共有するブースタイプの利用者に、+Styleで取り扱う製品「COLOR UP」「WAY」「OMNI Bluetooth Card」と、人に負担をかけずに生体情報を測定する技術「エアリトモ」を活用した「エアリトモIoT座布団」を一週間無料で貸し出します。

体験者の意見は+Styleの「プランニング」に掲載し、コラボ商品の開発や、IoT製品付きサービスオフィスの実現を目指すそうです。+Style掲載時期は9月中旬予定。

 

【クラウドファンディング】
遠隔操作が可能な見守り機能付きのお掃除ロボット

▼スマホから操作可能な掃除ロボット「Xrobot MAMORU」


「Xrobot MAMORU(エックスロボット マモル)」は、人工知能XR-4.0を搭載したお掃除ロボットです。本体前面にカメラを搭載しており、スマホやタブレットから操作して、確認したい場所にスムーズに移動できます。

掃除機能も充実し、モップ機能や水洗いOKなダブルメインブラシを搭載。11年に渡るロボット掃除機の研究開発実績を持つ「Xrobot社」によるプロダクトです。+Style掲載時期は9月下旬予定。

 

▼加速度センサー内蔵タグ「bPoint PIN」


加速度センサーを搭載したBluetoothタグ「bPoint PIN(ビーポイント ピン)」。ドアに設置するとドアの開閉が感知できるのが特徴です。スマホと連携させて鍵などの小物にくっつけると、一定の距離を離れると音を鳴らすなどの使い方が可能です。

+Styleで販売中の、部屋の様子を見守れる「VLOG CAM」、部屋の温度・湿度・空気の状態を確認できる「bPoint COMFORT」と連動させて、ドアが開くとカメラが起動するなどほかの製品と組み合わせて使うこともできます。+Style掲載時期は9月下旬予定。

 

▼リストバンド型活動量計「MOVE LIFE」


「MOVE LIFE(ムーブライフ)」は、歩数、歩行距離、消費カロリー、睡眠時間の測定・記録ができるリストバンド型の活動量計です。

Bluetoothがつながる約30メートル以内であれば、連携させたスマホから方角と距離を確認できる「追跡機能」を搭載。スマホから本体を振動させて、装着している人を呼び出すことも可能です。

1台のスマホで4台のMOVE LIFEを連携できるので、家族みんなで利用するのにぴったりですね。+Styleにて掲載中。

「MOVE LIFE」>> https://plusstyle.jp/funding/item?id=25

 

【ショッピング】
ドアノブ型スマートデバイスは非常充電機能搭載で安心!

▼ドアノブ型デバイス「AMADAS Smart Lever Lock」


「AMADAS Smart Lever Lock(アマダス スマート レバー ロック)」は、スマホから操作してドアの解錠などができるドアノブ型のスマートデバイスです。万が一充電が切れてしまった場合は、外ノブの取っ手にセンサーが搭載されており、スマホなどの光を約20秒かざすことで1回使用できます。+Style掲載時期は9月下旬予定。

 

▼プラモ感覚で組み立てられる「ELF-VRdrone」


「ELF-VRdrone(イエルエフ ツー ヴィアールドローン)」は、自分の手で組み立てるドローンです。カメラを搭載しており、スマホの画面を見ながら操縦できます。ハコスコなどの市販のVR機器にスマホを取り付ければ、操縦中の映像をVRで楽しむことも可能。プラモデル感覚で作って楽しみましょう。+Style掲載時期は9月下旬予定。

 

▼ゴミ取り&水拭きできる「I'SENSE V8500VM」


ゴミを吸い取りながらモップで乾拭き・水拭きするお掃除ロボット「I'SENSE(アイセンス)V8500VM」。自動で掃除ができるだけでなく、スマホの専用アプリからの操作も行えます。本体の自己診断機能と管理センター診断システムにより、本体に問題が生じた際はスマホに通知が届く安心設計。+Style掲載時期は9月下旬予定。

 

▼睡眠の質を分析してくれる「NeuroOn」


「NeuroOn(ニューロン)」は、睡眠中の脳波、心拍、体温、体動を計測して睡眠の質を分析するアイマスク型のデバイスです。

分析した結果から睡眠の質を向上させるためのアドバイスをします。人が健康的に目覚めるのに必要だと言われる”光”をコントロールし、目覚めを良くしたり時差ボケを改善したりする機能を備えています。+Style掲載時期は9月上旬予定。

 

現代の生活では家電にもインターネットの存在が欠かせなくなりつつあります。企画に意見したり、最新のガジェットが買える+Syeleで、最新のものづくりを体感しましょう。

 

[関連記事]