『タクシードライバー』『パシフィック・リム』などの名作を極上の音で体験! 立川シネマシティで「極上音響映画祭」が始まるよ

写真拡大

今や映画ファンの間で “聖地” とまで呼ばれるようになった、東京都立川市にある映画館、立川シネマシティ。新宿駅から中央線特別快速に乗って、およそ25分。東京の中心部に位置しているわけではなく、正直あまりアクセスが良いとはいえないかもしれません。

そんなところにある映画館が、なぜ “聖地” と崇められるまでに至ったのかというと、なんといっても、ここならではの「極上爆音上映」が大きな理由!

その立川シネマシティでは、9月3日(土)から「極上音響映画祭」が行われます。他に類を見ないサウンドクオリティーを思いっきり堪能できますよお〜!

【あの作品を、極上の爆音&音響で体感できる】

映画祭の期間は、12月頭までとロングラン。新旧問わず、立川シネマシティでしか味わうことができない「極上爆音上映」そして「極上音響上映」にふさわしい作品ばかりで、映画ファンならきっと興奮を抑えられなくなるはずよ。

【1度体験したらきっとハマる】

「極上爆音上映」のスゴさは、以前当サイト「Pouch」でもお伝えしましたが、ただ大きいだけではない、重低音がしっかりと効いた立体感のあるサウンド。

映画との一体感、没入感をいっそう楽しむことができるあの空間を1度味わってしまうと、もう決して元のカラダには戻れない……!!

そして、音響家によって綿密な調整を施された「極上音響上映」も、ただただ素晴らしいの一言。劇中に流れるあらゆる “音” の魅力に、一気に引き込まれてしまうこと必至なんです。

【リクエストが多かった作品を一挙公開♪】

そんな「極上爆音上映」および「極上音響上映」で、あの映画を体験してみたい。そう願う人は少なくないようで、公式サイトによれば「これを上映して!」というリクエストが相当数劇場へ届けられていたのだそう。

今回行われる「極上音響映画祭」は、その中でもリクエストが多かった作品が集結。「迫力の音」「美しい音」で観るにふさわしい作品がずらりと並んでおります。

■上映作品
『地獄の黙示録』(爆音上映) 9月3日(土)から16日(金)まで
『タクシードライバー』(極上音響上映) 9月17日(土)から9月23日(金)まで
『パシフィック・リム 2D版』(極上爆音上映)
字幕版:10月15日(土)から10月21日(金)まで / 吹替版:10月22日(土)から10月28日(金)まで
『バトルシップ』(極上爆音上映) 10月22日(土)から11月4日(金)まで
『オペラ座の怪人』(極上音響上映) 11月12日(土)から11月25日(金)まで
『レ・ミゼラブル』(極上音響上映) 11月19日(土)から12月2日(金)まで

【通わなきゃ〜〜!!】

みなさんどうですか、このそうそうたる顔ぶれ! 約3カ月間、立川に通うための定期券を購入しなければいけないレベルでしょ!? 

ちなみに『パシフィック・リム 2D版』土曜夜の上映では、スタンディング、歓声、コスプレOKの「ライブスタイル上映」が検討されているそうで、これはアツい! 詳細は後日とのことなので、期待しながら待ちましょう。

劇場へのアクセス方法や上映作品の内容など、詳しくは「立川シネマシティ」のサイトをチェック。未体験だというあなたは、これを期に、 “極爆デビュー” してみてはいかがでしょうか♪

参照元:立川シネマシティ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事をPouch[ポーチ]で読む