これぞジャパニーズ・スタイル!キャスター付き「ゲーミング座椅子」

写真拡大

ここ数年、日本でもにわかに注目が集まり始めているe-sports(イースポーツ)。ブームを背景に、オフィス・インテリアブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より日本人向けのゲーミングチェアが登場した。

[関連記事]両手で操れ!スマホでお手軽VR体験ができる「ボッツニューVR」

座椅子から生まれたゲーミングチェアはまさに日本仕様だ!

すでにe-sportsのプロリーグまで存在するアメリカや韓国に対して、あまり発展してこなかった日本。そんな事情もあってか、現在市場に出回っているゲーミングチェアはオフィスチェアのように大型で、日本の住宅事情にはなじみにくいものばかり。

_prw_PI11fl_17j6XxP1

そこでBauhutteが注目したのは、なんと「座椅子」。日本人にぴったりの座椅子のくつろぎ感とゲーミングチェアに必要なスペックを組み合わせた、究極のゲーミング座椅子だ。

_prw_PI8fl_oIUhweuh

_prw_PI9fl_o0XEZgAp

コックピットさながらのバケットシートデザインで、フルフラットにできるリクライニング機能は6度ずつ14段階に調節することができる。キャスターで前後左右に移動できるから、着座位置やコントローラーポジションの微調整も自由自在。キャスターは好みの位置でロックして固定することもできる。

_prw_PI17fl_bGdbblor

また毎日のようにプレイするヘビーゲーマーを想定し、長時間座っていても疲れにくく快適にプレイできるよう、座椅子としての設計にも十分に配慮。

ベッドのマットレスやソファに使用されるポケットコイルをクッション材として採用し、効率よく体圧を分散させることで腰や尻部にかかる負担を軽減。たっぷり15cmもの厚みを持つ7層構造の座面が、腰全体を包み込んでくれる。

背面にはしっかり身体を預けることができ、正しい姿勢をサポートしてくれる。

_prw_PI10fl_pJtFnJ39

 

サイズはW560×D790×H890mmで、座部の高さは220mm。重量は11.2kgで耐荷重は80kg未満。価格は2万5920円。

天板の高さを自在に調節できる「昇降式デスク BHD-1000L」と組み合わせれば、無敵のゲーム環境が完成だ。

ゲーミング座椅子「LOC-01-BK」>> http://www.bauhutte.jp/product/loc01bk/

昇降式デスク「BHD-1000L」>> http://www.bauhutte.jp/product/bhd1000l/

 

[関連記事]
両手で操れ!スマホでお手軽VR体験ができる「ボッツニューVR」

飛ぶの?走るの?地上35cmを滑空するドローンって何?

ポケモンGOだけじゃない! 跳ねる・かがむ・走れるVRゲーム

(文/&GP編集部)